この4月から、「嵐のPVを見るだけの授業」として、ネットで話題になった、明治大学の関修先生の講義。

関先生の「自由講座」ということですが、法学部の学生限定で、しかも定員300人限定のところを抽選で選んでいると、大人気のようです。

嵐ブレークの理由を探る」というこの講座、一体その実態はどんなものでしょうか。

今回、サイゾーウーマンに掲載された、授業に“潜入”した記者が見た実態と、関先生へのインタビューをご紹介しますね。
「PVを見るだけで、超楽」などとも言われていますが、果たして・・・?→ ranking
記事によれば、授業が行われているのは、明治大学の和泉キャンパス。
受講生の男女比は半々くらいだったとか。

当日の授業内容は、「嵐のアイドルとしての“ターニングポイント”についての考察」だったそうです。

授業の様子はというと
[引用]
「このPVは、現在の嵐を表している重要なPVで、授業でも今後何度も見ることになります」。関先生の一声と共に、教室の前面中央に設置された巨大スクリーンに映し出されたのは、2008年「truth」のPV。「
嵐は、この年に初のゴールデンの冠番組『ひみつの嵐ちゃん!』(TBS系)をスタートさせ、初の国立競技場公演を果たし、二度目のアジアツアーも成功させた。嵐が一般に広く認知されるようになった年なんです。それが、PVの作りにも表れています
嵐はこの『truth』以前/以降で分けることができると言えるでしょう」と解説が入る。[引用元:サイゾーウーマン、一部改行]


※ネットの反響や授業のシラバスその他
PVを映し出された授業光景の画像あり
geiuwasa ranking
geiuwasa reading
geiuwasa ranking 

関先生によれば、嵐は、それまで2007年の『Happiness』PVに見られるような、“ジャニーズっぽい”グループでした。
それが、2009年の『Believe』PVでは、ダンスを中心とした、スタイリッシュな仕上がりになっていると指摘。

『Happiness』も流されて、学生たちは見比べたようです。

※少年たちが夏休みを楽しんでいるようなPVです
『Happiness』PV動画→ ranking reading ranking reading

一方こちらは
『truth』PV動画 → ranking reading reading ranking
(ライブDVD動画もあり)

確かに、全くテイストが違いますね。
どちらがいいかは、好みもあるでしょうが、確かに『truth』はクールでスタイリッシュで、かっこいい。

嵐が方向性を変えたことで、離れたファンもいるでしょう。
でも、それ以上に支持層を広げたことは、容易に想像できます。


さて、授業では、それだけではありません。

2007年二宮和也さん主演ドラマ『山田太郎ものがたり』の録画も流れたとか。
これは、関先生自身の私物だそうです。

そして授業を締めたのは、次のような言葉でした。

[引用]
大野(智)くんは、ほかのジャニーズにはない独特なリーダーの在り方なんです。それは、次回説明していきます」[引用元:サイゾーウーマン]


そんな関先生、インタビューでは相葉雅紀さんのファンだと明かしています。

その理由は、
[引用]
「メンバーの中で一番独特な「語り口」を彼がするからです。大学で講義をしたり、物を書いたりするなど、「言語」に携わる仕事をし、さらに精神分析をやって いる僕にとっては、相葉くんの「次に何を語りだすかわからない」という部分に惹かれてしまいます。
彼は「予測不可能性」の魅力を持ち合わせているわけです。
また、嵐のメンバーは、そんな相葉くんのことを理解しながら、彼に話を振り、それをイジる。
お互いの個性を理解し合い、それぞれの役割を果たしている という点は、嵐の大きな魅力ですよね。」
[引用元:サイゾーウーマン、一部改行]


“「次に何を語りだすかわからない」”、“「予測不可能性」の魅力”って…。
これは喜ぶところでしょうか?

※まあ確かに、相葉ちゃん伝説は色々ありますが

元気を呼ぶ?相葉雅紀の天然エピソード
Uwasa Geinou Ranking
Ranking Geinou Reading
Ranking Geinoujin

この授業、学生たちの感想を聞いたところ、ニノファンやHey!Say!JUMPファンの学生にも大好評のよう。

それもそのはず、実は関先生、ジャニーズウォッチャーとして、日本で第一人者なのだそうです。
以前は、TOKIOのファンクラブにも入っていたとか。

これは、授業が超楽だなんて、侮れないかもしれませんよ。

※そんな先生が、本を出版します。
(現在、予約受付中)

隣の嵐くん カリスマなき時代の偶像 [ 関修 ]

価格:1,620円
(2014/6/3 05:49時点)



(楽天関連商品)

アマゾンへはこちらから⇒隣の嵐くん~カリスマなき時代の偶像(アイドル)

先生いわく、
[引用]「講義用テキストを念頭に新たに本にするべく書き下ろされたもの」[引用元:サイゾーウーマン]

といいますから、これは期待してしまいますね。

そのうち、授業のライブDVDも出版したりして・・・いや、さすがにこれは無理か(笑)

嵐ファンのみなさま、出版日の6月11日をお楽しみに。
追記:6月2日現在、出版日は6月16日に変更されています)


今日の芸能ニュース
「嵐「アラフェス」DVD、MCのトークまで字幕表示が可能に!聴覚障害者ファンから感激の声」
芸能ランキング43位 芸能7daysさん
「重大接点!ASKAの運転手X氏は飯島愛の付き人だった!薬物疑惑のアスリートの運転手も」
芸能ランキング2位 エンタメSCOOPさん
「木村拓哉が「HERO」続編を決めた本音とは?松たか子が出演を断った本当の理由とは?」
芸能ランキング6位 Johnny's Watcherさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ

芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集
関連記事
スポンサード リンク