テレビ番組の視聴率が話題になる時、いつも名前が出る、ビデオリサーチ社が、新しい試みをしていたそうです。

それは、「録画番組の再生視聴率」。

テレビ録画の普及につれて、現行でのリアルタイム視聴率だけでは当てにならないと言わるようになって、かなりの期間がたっていますが、やはり研究を進めていたようです。

その結果、録画再生視聴率を公表したそうですが…?
ranking
ビデオリサーチ社は、昨年10月より、研究を進め、関東地区の視聴率調査仕様に習って調査していたそうです。

[引用]
調査は、視聴率調査を実施している世帯とは別の300世帯が対象となり、14年3月31日~6月29日でのタイムシフト視聴(7日内の番組再生視聴)が多い50番組が発表された。タイムシフト視聴率とは、放送日当日に加え、放送日翌日から7日間で番組を再生した場合で、連続ドラマのように複数回放送された番組は期間内における全放送界の平均値。[引用元:リアルライブ]


さてそのトップ10を見てみましょう。

第1位 『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS)7.7%
第2位 『笑っていいとも!』最終回(フジテレビ)7.5%
第2位 『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜』(TBS)7.5%
第4位 『アリスの棘』(TBS)7.4%
第5位 『続・最後から二番目の恋』(フジ)7.4%
第6位 『BORDER』(テレビ朝日)6.8%
第7位 『笑っていいとも!グランドフィナーレ』(フジ) 5.6%
第7位 『SMOKING GUN~決定的証拠』(フジ) 5.6%
第7位 『ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事』(フジ)5.6%
第7位 『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ) 5.6%


いかがでしょうか。

リアルタイム視聴率でも高い数字を出した『ルーズヴェルト・ゲーム』や『笑っていいとも!』最終回関連は、こちらでも第1位。第2位に入っていますね。

ですが、第2位『MOZU Season1―』以下は、『アリスの棘』『SMOKING GUN』『ビター・ブラッド』など、リアルタイム視聴率(以下、リアルタイムと略)では振るわなかったと言われるドラマが並んでいます。

これらの番組には、濃いファンがついていたのでしょうか。
番組関係者にとっては、嬉しいデータですね。

それにしても、『笑っていいとも!』最終回関連は別にして、こちらの視聴率では、全体にバラエティよりドラマが優勢だったようです。

その次に顔を見せるバラエティは、第22位の『雨上がり決死隊のトーク番組アメトー―ク!』(テレビ朝日)で、こちらは3.7%だったそうなので。

これはやはり、今は録画してでも見たい(後でまた見たい)、と思うようなバラエティ番組が減っている、ということでしょうか。

でも、今は出先でも、スマホでテレビ視聴できますから、もしかしたらバラエティはそちらの方で見られているかもしれませんね。

ドラマは、録画しておいて、後でじっくり見る、なんて使い分けされていたりして。


ともかく、今回の記事を読むと、視聴率調査も、やっと実情に追いついてきたか、という感じですね。
というか、これまではどこも実施していなかったのが不思議なのですが。

記事では、今後は、リアルタイム視聴率に、録画再生視聴率を加えた“真の視聴率”が明らかになる事で、CM出向動向や料金にも影響が出てくるかも、としています。

若い世代はテレビ離れしていると言いますが、さらに、スマホも調査対象に加えたら、どうなるでしょうか?
これはちょっと興味があります。 
(参考記事:リアルライブ

※でもやっぱり言われてますね

視聴率1桁続出!業界人も可たる、最近のテレビがつまらない…
本当の理由とは?
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou reading

※あなたの気になったドラマはどれでしたか?


今日の芸能ニュース
「失敗の裏事情!大人AKB・塚本まり子「ネット上に過去のバンド歴、夫の顔まで暴かれ…」素人ではなかった」
芸能ランキング1位 エンタメSCOOPさん
「三田佳子、10億円豪邸を売りに出すも業者から“問題物件”認定!せこい値上げで話が進まない…」
芸能ランキング12位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「業界人いわく「さんまの時代は終わりつつある」近い将来ホンマでっかTVも打ち切りに!?」
芸能ランキング3位 芸能スクープ、今旬ナビ!!さん
「浅田真央、髪バッサリ切りボブヘアに!「天使がさらに天使」「大人っぽく素敵」【画像】」
芸能ランキング15位 芸能7daysさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ

芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集

関連記事
スポンサード リンク