7月30日、自身のブログで、4年前にママ友からイジメを受けたと告白した、女優・江角マキコさん(47)。

「当時は色々と辛かったが、一心に耐えた」という内容には、多くの共感や励ましのコメントが殺到、その数は1000件以上にも上ったそうです。

ところが、「事実と違う」とするのは、江角さんの子供が通う青山学院初等部の関係者と、同級生の母親たちでした。

発売中の『週刊新潮』、『女性セブン』が報じた、江角マキコの受けたという”いじめ”の実態とは
『週刊新潮』が取材した、学校関係者によると、江角さんは物事をはっきりズバズバ言う性格で、教師や保護者の間では、有名な存在だそうです。

その一例が、新潮に載っていました。

それによると、以前、江角さんは、初等部生徒の肩掛けカバンを、「体に悪いから」と、学校全体でランドセルにすべきと力説、保護者の間で運動をしたこともあったそうです。

確かに肩にかけるタイプののバッグやかばんは、掛け方によっては、成長期の背骨への影響も考えられるでしょうね。

でも、実際には、高速にカバンの指定はないため、生徒側の自由なのだとか。

だったらこれは空回りの、余計なお世話ですよね。

ま、この運動は、結局は実現しなかったと言います。


また、江角さんは、以前から、頭越しに青学理事長に直接手紙をだすなどして、教師にも怖れられていたのだとか。

他の芸能人の親が、服装や態度でも目立たないように振舞う中、強い口調で行動する江角さんは、異色の存在のようです。(情報元:週刊新潮)

これは学校に対して、まるで、モンペ、つまりモンスターペアレントですね。


また、母親たちの反論を取り上げたのは、『女性セブン』です。

学校側が、多くを語りたがらない中、江角さんの告白と真逆の反論をするのが、母親の一人・A子さんです。

[引用]
「彼女が仮に自分がいじめられていたと感じているとすれば、それは幼稚園の年長さんの3学期以降、彼女が数々の同級生へしてきたことがバレたために、彼女からみんなが距離を取ったというのが事実です。」[引用元:]


つまり、江角さんはイジメの被害者ではなく、加害者というのですね。

※改めて、江角さんがブログに載せた・・・
イジメの告白
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou reading


A子さんが言う、江角さんが周囲にしたこととは、何でしょうか。


『女性』セブンに掲載された、A子さんが、複数のママ友有志と共に作成したという抗議声明文。
それは、2053文字にも及ぶ
ものです。

それによると、江角さんは、自身の子供のことで、周囲のママ友にお世話になりながら、お互いの間に、「Aさんがあなたの悪口を言っている」などと吹き込んでいたというのですね。

不審に思った保護者たちが確認したところ、噂の元は江角さんだと分かり始めたとか。

そして、そのころから江角さんはママ友たちからも離れていったそうなのです。


ここでまた、疑問が浮かびます。

江角さんは、なぜそのような事をしたのでしょうか。


学校関係者たちの証言では、江角さんは最初のころこそ、他の保護者と仲良く、行事にも熱心だったとか。

ところが、もともと上から目線で高圧的、自分がいつも正しいと。自身の主張を通そうと、一切譲ることがなかったそうです。

※これもまた、江角マキコのマイルールのひとつです
geinoublog ranking
starblog geiuwasa
geinou reading

そのため、周囲との軋轢も生まれやすく、加えて自分より目立つ母親を、攻撃の対象としていったというのですね。



また、江角さんは、自身が幼少期に経済的に苦労しているためか、他の保護者はセレブだという先入観があったようです。

先の学校関係者の話です。
[引用]
「ある時なんて、あるお母さんが、”昔はずいぶん貧乏して苦労したんです・・・・”と身の上話したら、江角さんは机をババーンと叩いて、”あなたが貧乏なわけないでしょう!”と一喝したんです。怒鳴られたお母さんは、驚きと恐怖のあまり、声も出せなかったようです」[引用元:女性セブン]


また江角さんは、他の親子のことも観察(?)して、目に付いたことを先生に告げ口したりと、暴走も目立ったとか。

そんな行動が重なり、江角さんは結果的に孤立してしまったとの見方なんですね。


うーむ、これが本当なら、確かに距離を置きたくなりますね。

一般に、ママ友同士の付き合いは難しく、トラブルや仲間はずれが起きやすいと言われます。

でも、江角さんの場合、説得力があるのは、これらの学校関係者や、母親たちの証言のように思えてしまいます。



テレビ番組でも、強気な一面を見せる江角さん。最近では、”傲慢”のイメージですね。

収録されない場面でも、他の出演者に対して、自分の基準を元にして、一方的に怒り出すことも、珍しくないのだとか。
(情報元:週刊新潮、女性セブン)


今回、『新潮』では、芸能ジャーナリスト・平林雄一氏の、こんなコメントを掲載しています。

[引用]
「(前略)”苛められた”と書くことによって、”一見強く見える彼女がねえ”と思わせる効果をねらったのかもしれません」[引用元:週刊新潮]



実際、これまではメディアでも「これまでのイメージから、ママタレ路線への転換を狙ったのだろう」との見方でした。

でも、これでは逆効果もいいところですね。



江角さん、これでは公私ともに孤立して、”裸の王様”状態なのに、ご自分で気がつかないのでしょうか。

これらの報道を見ると、どうも”素”で、自分は被害者と思っているように見えてしまうのですが。

抗議文で「ブログを見て傷ついた人たちが沢山いる」とつづった、母親たちの思い、江角さんに届くことがあるのでしょうか。
このままでは、江角さんも周囲も、誰一人いいことはないですよね。

誰か、江角さんにしっかり忠告をしてあげて…。

今日の芸能ニュース
「加護亜依再デビューライブの動員300人の9割はサクラ!?モー娘。メンバーからの花もゼロだった…」
芸能ランキング7位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「せこすぎる芸能人を芸能リポーターが暴露」
芸能ランキング13位 ワイド芸能ショーさん
「氷川きよし、書類送検は必至で大ピンチ!暴力事件の示談成立も紅白出場に黄色信号?」
芸能ランキング3位 芸能スクープ、今旬ナビ!!さん


芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ

芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集

関連記事
スポンサード リンク