6月22日に、妻・飯塚初美さん(享年47)をなくしたダンカンさん(55)が、亡き妻にひどい仕打ちをしていたと、発売中の『女性セブン』が報じています。

記事によると、8月3日に行われた、初美さんの納骨式に、ダンカンさんの親族は約20名参加したのに対し、初美さん側から参列したのは、ご両親の2人だけだったとか。

これは、初美さんの親族によると、初美さん側の親族には、ダンカンさんを憎んでいる人がたくさんいるから、だそうです。

告別式当時は、妻を失った悲しみを露わに号泣したダンカンさんでしたが、夫婦の実態は違っていたのでしょうか。

『女性セブン』による、ダンカンさんと初美さんの関係とは…?

ranking
初美さんの右胸に乳がんが見つかり、切除手術を受けたのは9年前の2005年でした。
その3年後には左胸に、2011年には肝臓、13年夏には脳への転移が判明して、ついには死を迎えてしまった初美さん。

ところが先の親族によると、ダンカンさんは、初美さんに対し、このような態度を取っていたそうです。

[引用]
「はじめて初美の体にがんが見つかったとき、ダンカンさんは”おれは治療費を出さない”と、支払いを拒否したそうです。治療費のほとんどは、初美と、初美の両親が工面してきたんです」[引用元:女性セブン]


妻が命の危機だというのに、こんな夫がいるのでしょうか。

ダンカンさんって、そんなにお金がなかったでしょうか?


芸能関係者の話では、ダンカンさんには、それなりの収入はあったそうです。
バラエティーやドラマへの出演以外にも、放送作家としての活動もしていたからなんですが…。

[引用]
「(前略)彼はとにかくお金に細かい。初美さんには、”1ヶ月いくら”とお金を渡して、その中でやりくりさせていたそうです。
”電球が切れたから”と初美さんが代金を預かると、”電球以外、余計なものは絶対に買ってくるなよ”とくぎを刺したこともあったそうです」[引用元:女性セブン、一部改行]


そこで初美さんは、治療費は自身の両親に頼ることに。
ご両親は、気丈な初美さんが頼ってきた、大体の理由は察していたそうです。
そんな中、ダンカンさんは、初美さんの両親と直接の話をすることもなかったとか。


それにしても、考えられないことです。
普通なら、お金がないなら、治療費の工面に奔走しそうなものなのに。

そればかりか、初美さんは、自身の治療費捻出のために働いていたんですね。

初美さんの知人によると、初美さんが、闘病しながら、介護ヘルパーの仕事を始めたのは、2008年頃でした。

いぶかしむ知人に、初美さんは、「家計が大変なのよ」と笑って答えていたそうです。


介護ヘルパー、体力を使う仕事なのに。

果たして初美さんは、どんどん痩せていきましたが、事務職としての継続を希望。
結局、今年の2月までは、働き続けていたのだとか。(情報元:女性セブン)

妻がそんな状態なのに、ダンカンさんは2011年、こんな騒動を起こしています。

※ダンカン、22歳年下の女性と…
不倫お泊り→ geinou ranking
不倫お泊り→ geinou reading
不倫お泊り→ geinou ranking
不倫お泊り→ geinou reading


この時は、土下座で許してもらったそうですが。

初美さんが離婚を思いとどまったのは、3人の子供のためらしいんですね。
ただ、それまでにも、初美さんから離婚届けを突きつけられたこと、6回もあったそうです。


初美さんの親族は、この不倫騒動でも、ダンカンさんに怒りを抱いているとか。

それはそうでしょう。
ダンカンさんのこの行動、本当になんなのでしょうね。


ダンカンさんに対する親族の疑念は、ふくらむばかり。

最初に乳がんが見つかった時、初美さんは、医師から両胸摘出を勧められました。
その時、ダンカンさんは、「女性なのに、両胸がなくなるのは辛いだろうから」と、反対したそうです。

結果として、初美さんが受けたのは、右胸だけの手術でした。


ですが親族としては、「もしかしたら、片方切除のほうが安かったからでは」、などとも考えてしまうそうです。

まあ、それまでがそれまでですからね。


さらに6月の通夜と告別式で、生前の初美さんの姿が、スライドショーで流されたことで、遺族の怒りは爆発しました。

何百人もの参列者に見せられた初美さんの写真は、治療でやせ細った姿でした。

初美さんは、抗がん剤治療で、髪の毛が抜け落ちてしまったため、面会客には帽子とかつらを被っていたそうです。

初美さんの母親の話では、女性ならではのそんな気持ちがわかるからこそ、死に化粧を念入りにして、ダンカンさんにも「病気の写真は流さないで」と、お願いしていたとか。(情報元:女性セブン)


これは本当でしょうか。
妻をないがしろにしてきたことに加え、その死後もには、母親からの願いも無視するなんて。

それでいて、告別式にはこう言って、号泣したんですよね。

[引用]
「ぼくは初美を一生! !いや、永遠に! !地球がなくなっても愛しています」
[引用元:女性セブン]


これは演技だったのか、自分に酔っていたのか…。

※ダンカンさん、ブログでは妻を悼んでいましたが

ダンカンがブログに載せた…

元気だった頃の初美さん【画像】
geinoublog ranking
starblog geiuwasa
geinou reading


ネットでは
「最初から胡散臭い奴だと思っていた」
「あんな泣き方は、本心ではない」
「例の議員みたいだ」

など、非難ごうごうです。

※たしかに似ているかも

告別式で号泣した、ダンカン【画像】
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou reading


でも、ダンカンさんの性格については、以前から有名だったようですし、葬儀の時からこんなことを言われていたんですね。

※これは酷い!
ネットで指摘されたダンカンの性格と、後輩に対する…

考えられない所業の数々
ranking reading ranking reading


「妻の葬儀で号泣する男は、普段から蔑ろにしている」なんてレスがありましたが、鋭いですね。


そんな夫との結婚生活で、初美さんは何を思っていたのでしょうか。
ともあれ今は、天国で、安らいでいることを祈ります…。


【関連記事】
たかじんの遺書、10億円の遺産は長女にはゼロで妻には4割であとは寄付!骨肉バトルと、妻に囁かれる疑惑とは

今日の芸能ニュース
「木下優樹菜の教育方針が「酷過ぎる」の声!「泣かせないと気が済まない」」
芸能ランキング1位 エンタメSCOOPさん
「安室奈美恵独立騒動の黒幕・西茂弘氏はXJapan・Toshiを洗脳したMASAYAの弟子だった!?」
芸能ランキング8位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「宇多田ヒカルが歌手復帰のために曲作りを再開! さらに小説も書いている!」
芸能ランキング9位 レッツ芸能ニュースさん
「関ジャニ村上信五の母が違法建築詐欺?島田紳助と仕事をした業者と大阪市の土地不法占拠で行政指導食らう!」
芸能ランキング18位 最新芸能ニュースだZさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ

芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集

関連記事
スポンサード リンク