女優・松嶋菜々子さん(41)が、女優生命の大ピンチだと、発売中の『女性セブン』が伝えています。

最近テレビでもほとんど姿を見なくなった松嶋さんですが、その発端は脚本家・遊川和彦氏(59)との間に、溝が生じたためというのです。

大ヒットドラマ『ミタ』では主演女優と脚本家として、強力なタッグを組んだ二人に、一体何があったのでしょうか。
ranking
松嶋さんと遊川氏は、『GTO』(関西テレビ)で出会って以来、『魔女の条件』(TBS系)でも、深い信頼関係を築いていたそうです。

そのため、『ミタ』のオファーも、遊川氏の名前があったため、即座に受けたのだとか。
ドラマの細かい内容については、打ち合わせを進めるうちに知ったというのですね。
(情報元:女性セブン)


そんな松嶋さんの姿勢には、遊川氏も感銘を受けたようで、当時のインタビューではこう語っていたのたどか。

[引用]
《松嶋さんは企画書だけで出演を決定してくれた。放送枠がいいからとか、(原作が売れている)勝ち馬に乗るという人が多い中、松嶋さんは違った》[引用元:女性セブン]


そして放映された『家政婦のミタ』は、右肩上がりの視聴率となり、最終回の視聴率は、40%という記録を達成しましたね。

そのため、すぐに続編の話が持ち上がったというのですが、結局は松嶋さんの”承知しました”は聞けなかったそうです。

遊川氏との絆が崩壊したのは、この一件がきっかけだったとか。

※実は松嶋さん、『ミタ』続編に、一度はOKを出していたのに…
結局は完全消滅?
geinou ranking
geinou ranking
geinou ranking
geinou reading

松嶋さんが『ミタ』続編出演に乗り気でない、という情報は、当時から流れていましたね。

その理由としてあげられたのは、「『ミタ』のヒロイン・三田灯のイメージが定着してしまうから」でした。

今回の『セブン』でも、芸能関係者のコメントが挙げられています。

[引用]
「松嶋さんが続編を断った大きな理由はが、ミタさんのキャラにあったそうです。もともと彼女はいろんな役柄に挑戦したいから、ひとつのイメージに縛られたくないといった考えなんですが、ミタさんのキャラは悪い意味でも注目されていましたから、特にその悪いイメージが定着することを松嶋さんは避けたかったんです。
CMにも影響を与えますしね。」
[引用元:女性セブン、一部改行]


二人の娘が、学校でいじめを受けることを心配して、とも言われていましたが、上の関係者もそれは認めています。


この理由、遊川氏にとっては大きなショックだったというのですね。

[引用]
「脚本家にとって、個々の作品はわが子のようなもの。しかも大事に育ててきたヒロインを真っ向から否定されたようなものですから、それはやっぱり、すごく残念そうでした。しかも松嶋さんは、”続編は後”と言いながら、『救命病棟24時』(フジテレビ系)には連投しているわけですから、遊川さんには酷なことでした」(テレビ局関係者)[引用元:女性セブン]


う~ん、これはお互い、立場も考え方も違いますからね。
二人の間に広がった溝、何とかならなかったのでしょうか。


それでも昨秋は、『ミタ』スタッフと遊川氏の脚本で、松嶋さん主演のホームドラマの話が進んでいたそうなのです。

これは、松嶋さんやスタッフが、遊川氏の気持ちが組んでのことだったのでしょうか。

ところが、今年1月期に放映予定だったこのドラマ、クランクインに向けて、最終調整の段階で、松嶋さんは、出演をドタキャン。

ドラマは急遽、別のドラマに差し替えられました。

※『明日、ママがいない』でしたね。
こちらにも影響が出たようです
スポンサー降板の『明日、ママがいない』、野島伸司が監修に回った事情とは?

先のテレビ局関係者によれば、ドタキャンの理由は、次女の小学校受験ということでしたが、それは初めからわかっていたこと。
本当の理由は、あのドーベルマン騒動だと言われているそうです。
(情報元:女性セブン)

松嶋菜々子の非常識!『ミタ』続編のドタキャンと、ドーベルマン裁判での呆れた主張とは


ただ、それならそれで、遊川氏やスタッフに相談する時間はあったはず、『女性セブン』は見ています。

[引用]
「結局遊川さんにしてみれば、夫婦ともに16年近くのつきあいなのに、そこにあったはずの信頼関係も、絆も、いったいなんだったのかということですよ・・。松嶋さんにしてみれば、ちょっとしたボタンのかけ違いが続いただけだったのかもしれませんけどね・・」(前出・ワイドショー関係者)[引用元:女性セブン]


そんな状況を反映してか、11月中旬、都内のレストランで開催された、遊川氏の結婚披露パーティーに、松嶋さんの姿はなかったそうです。

100名以上の出席者には、柴咲コウさん、天海祐希さん、黒木瞳さん、菅野美穂さん、相武紗季さんといった、遊川氏脚本のドラマで活躍した方たちが集合していたのですが。

松嶋さんは、パーティーに欠席したのか、それとも最初から呼ばれなかったのかは、わかりません。
遊川氏との間が、元に戻れば良いのですが。


ただ、今の松嶋さんは、かつてトップ5にいた「好きな女優ランキング」では、10位以下。
今年上半期『タレント起用社数ランキング』女性部門でも、上位から滑り落ちた状態なのだとか。

今年1年間でメインの仕事は、映画『思い出のマーニー』での声優だけ、という状態です。


先のテレビ局関係者は、この状態を「まさに四面楚歌」と表現しているんですね。

松嶋さん自身が、子育て優先していることもあるでしょうが、これほどの状態ははじめてでは?としています。

[引用]
「(前略)トラブルに不義理も重なりましたから、あれじゃあ、彼女との仕事をためらう人がいても仕方ないことですよね。彼女に対するアンチ包囲網が広がってるっていう人もいますよ」
[引用元:女性セブン]



そうなのでしょうか…。

『女性セブン』では、これらを「ミタの後遺症」とも見立てています。

ただ、記事を読んだ印象では、その根っこにあるのは、あのドーベルマン裁判ではないかと思ったんですね。
あの報道が、視聴者からのイメージダウンにつながったような。

でもそれもまた、裁判で松嶋夫妻が見せた姿勢が原因なのでしょうね。

『ミタ』の大ヒットで、かつての謙虚さを失って、天狗になったとも報道された松嶋さん。
事実だとしたら、アンチ包囲網とまで言われてしまうのは、それもあるかもしれませんね。

※この頃は可愛かったのですが

『やまとなでしこ』出演時の・・・松嶋菜々子【画像】
松嶋菜々子【画像】→ geinou ranking
松嶋菜々子【画像】→ geinou ranking
松嶋菜々子【画像】→ geinou ranking
松嶋菜々子【画像】→ geinou reading

今日の芸能ニュース
「松たか子、第1子妊娠6カ月を発表!ネットでは「おめでたい」「紅白出ない理由はコレかw」などの声」
芸能ランキング1位 エンタメSCOOPさん
「矢口真里が妊娠!?年明けにも“デキ婚発表”の可能性が急浮上!」
芸能ランキング14位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「北川景子、DAIGOと熱愛!1月番組共演で急接近、ペアリングも!共演画像あり」
芸能ランキング7位 ズバリ!裏芸能さん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ


芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集

関連記事
スポンサード リンク