井上真央さん主演NHK大河ドラマ『花燃ゆ』に、明るいニュースがありました。

スタート以来、視聴率低迷が報じられる『花燃ゆ』。
「大河らしくない」軟派な作風に、従来の大河ファンが離れてしまったという『花燃ゆ』ですが、若い視聴者の間では、満足度が高いのだとか。
ranking

それは東京のデータニュース社の『テレビウォッチャー』というテレビ視聴アンケートです。

3千人を対象にした調査では、『花燃ゆ』の初回満足度は、5段階評価で3.6。

これは、昨年の大河ドラマ『軍師官兵衛』の3.62、一昨年の『八重の桜』の3.76より下なんですね。


2月8日放送の第6回はといえば、3.46と、さらに低くなってしまっています。

これに関しては
[引用]
視聴者の回答からは「話の展開がわかりにくい」(54歳、女性)、「理解が追いつかない」(57歳、女性)など、大河を長年楽しんできた年配のファンからは厳しい指摘が少なからずあった。
[引用元:スポニチ アネックス]


まあこれは、想定通りですね。

このままでは、さらに先細りかと思うところですが、若年層の反応は違うようです。

「M1・F1層」と呼ばれる20歳~35歳の年齢層では、第6話までの平均満足度が3・96。

この数字、3.8で高満足と見なされるといいます。
ですから、かなりの好結果なのですね。

[引用]
回答からは「俳優陣が豪華」(28歳、女性)「大沢たかおカッコいい」(21歳、女性)「井上真央の気骨のある演技がかっこよかった」(33歳、男性)など、出演者に対する高評価に加え「主人公が切ない。歴史がわかってためになる」(31歳、男性)「評判は良くないが、まだまだこれからの展開が楽しみ」(33歳、女性)など、吉田松陰の妹という比較的地味な主人公から幕末維新の難しい歴史をひも解く試みや、今後の話の行方に興味を示すなど、応援団的な意見が若者を中心にあることも見逃せない。
[引用元:スポニチ アネックス]


この層に対しては、NHKの「イケメン大河」路線も受け入れられているようです。

最近の大河ドラマといえば、「大河っぽくない」「歴史検証が」と、これまでの大河ファンや歴史ファンからは、何かと批判を浴びがちの印象ですね。

でも、若い層にとっては、それもまた、他のドラマと大差なく感じられるのでしょう。



『週刊文春』によれば、ヒロイン・文を演じる井上真央さんが、「私の力不足」と、責任を感じてしまっている、とのことでした。

現場では、「井上さんがかわいそう」と、口に出さないまでも、誰もが思っているとのこと。


打開策としては、坂本竜馬の登場を待ったり、ジャニーズを登場させるなどの案も出ているとのことでした。(情報元:週刊文春)

また、こんな案も出ているとの情報もあったのですが
若手イケメンではまだ足らない!視聴率低迷の『花燃ゆ』、起死回生に意外な俳優が追加オファーとか


ただ、今回のアンケート結果からは、もしかしたら、新しい視聴者層を開拓していけるかもしれませんね。


その代わり、今までの視聴者との世代交代は、覚悟する必要があるでしょうね。

それでも、将来を考えれば、「それもまたあり」なのでしょうか。


2月22日放映の第8話からは、いよいよ吉田松陰が、松下村塾を主宰して、何人もの幕末の有名人物たちが登場するそうです。

『花燃ゆ』、これからの展開、まだまだ目が離せません。


※井上真央、松本潤と破局していた?
その2つの原因とは
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking

う~ん、真央さん元気出して。

今日の芸能ニュース
「堀北真希『まっしろ』視聴率低迷で打ち切り候補に!またもドラマ全話ひと桁のTBS大ピンチ!」
芸能ランキング11位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「イラッとする女性芸能人ランキング!一位は未婚の母のアノ人」
芸能ランキング4位 芸能スクープ、今旬ナビ!!さん
「里田まい、長手絢香と代官山でまったりおしゃべり!シンプルなファッションにセレブの証?」
芸能ランキング15位 芸能7daysさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ


芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集


関連記事
スポンサード リンク