芸能界引退を発表した、俳優・高知東生さん(50)が、『週刊新潮』に、その理由をコメントしています。

高知さんの引退については、妻で女優の高島礼子さん(50)の父を介護するためと、複数のメディアが報道。

自身は”主夫”として義父の介護に専念する美談として伝えられていましたが、どうやら違ったようです。

『週刊新潮』が報じた、高島さんと高知さんのコメントは…?

ranking

これまでの報道をまとめると、高知さんは、すでに所属事務所を退所しているのですね。

秋公開の映画もクランクアップ済み、公開時期の引退を待つばかりなのだとか。

高知さんについては、1999年に高島さんと結婚以来、”ヒモ”、”髪結いの亭主”などと言われてきました。

その一方では、妻の芸能活動をサポートしてきたのですね。

2004年、高島さんの実父がパーキンソン病に倒れると、横浜の実家で、ヘルパーさんたちの介護を手伝ってきたそうです。

今回の引退では、義父を都内の自宅に引き取ると見られていました。


ところがまず、高島さんはこうコメントしています。

(引用)
「父は引き続き実家で、私たちが通うという形です。(芸能界引退については)本人に聞いてください」
(引用元:週刊新潮)


そうですか。

確かに、『新潮』や『文春』の取材では、高島さんの実家では、ヘルパーさんが24時間体制で介護している、とのことでした。

特に『文春』では、父親は意外と元気で、それなりに生活をエンジョイ。引き取られる必要はない、とのことだったのです。

そのため、高知さんの”介護引退”には、疑念を持つ記事となっていました。


さてその高知さんは、『新潮』に、こう答えているのです。

(引用)
「報道のせいでなんか美談みたくなっちゃってるでしょ。”介護に専念”ってところが強調されてさ。親の介護をするのは当たり前のことですから、今まで通りしっかりとやりますよ。でも、介護に専念するために役者をやめるなんて、言った覚えはないんです」
(引用元:週刊新潮)

そうですか…。
法律的には、親の介護義務は、実子にあっても、その配偶者までは及びません。

それなのに、義父母の介護を押し付けられて、苦しむ方(特に女性)も多いでしょう。

そんな中、高知さんの言葉は立派…と言いたいところですが、これもまた、24時間体制でヘルパーさんを雇える家庭だからこその余裕かもしれませんね。


でも介護引退報道、どこでそんな話になったのでしょうね。

最初に報道したメディアも、その部分は誤情報だったのか、憶測なのか。

それでは、高知さんが語る引退の理由とは

(引用)
「2年前くらいから役者としての限界を感じ始めてね。僕より才能豊かな役者さんなんてたくさんいるでしょ?あと、家族の中での自分の役割だとか。今後の身の振り方を総合的に考えた時、自分は俳優業を一度リセットして別の道で頑張るべきだと思ったわけです。それを女房に相談したら、彼女はすぐに理解してくれました」
(引用元:週刊新潮)

その高島さんは、夫に対して、こんな姿勢だったとか。

(引用)
「(前略)高島は『女優は家事をする必要がない』という考えで、家事をこなしてバックアップしていたのは高知。そんなこともあって、高島は高知にベタ惚れで、夫婦そろって銀座の高級クラブに来店する姿も目撃されていた」(週刊誌記者)
(引用元:日刊サイゾー)

まあ、お二人の価値観が一致しているのは、何よりです。


ただ、高知さんが「役者としての限界を感じた」と言う部分には、「所属事務所に恵まれなかった」という声もあるんですね。

最初は大手事務所に所属していた高知さんでしたが、移籍先は、ほぼ個人事務所規模のところだったとか。

(引用)
「(前略)社長は芸能界のある大物の運転手兼個人秘書のような役割を務めていたので、積極的に高知の売り込みをすることができず、ほぼ高知の人脈で仕事を取っていた。もっといろいろやりたい仕事もあったはずだが、さすがに男気の強い高知は、引退が決まっても”恨み節”を口にしなかった」(芸能プロ関係者)
(情報元:日刊サイゾー)

そんな事情があったのでしょうか。

だとしたら、やりきれない思いを抱えていても、不思議ではないはずなのに。
高知さん、潔いです。

高知さんは、続いて芸能界に復帰する可能性も否定しています。

”別の道”については、以前から副業としていた、健康関係の仕事を広げるか、あるいは全く別方面かは考え中、とのことでした。
(情報元:週刊新潮)


という訳で、何とも率直で、変なプライドも感じさせないのは、好印象ですね。

心機一転、新しい道を突き進んで、充実した生活を送ってくださいね。

今日の芸能ニュース
「中居正広、結婚への伏線?入院中に女の子を呼ぼうと思ったと衝撃発言!」
芸能ランキング28位 最新芸能ニュースだZさん
「映画化も決まってる『HEAT』が大コケ!映画は主演がAKIRAから佐藤隆太に変更か?」
芸能ランキング7位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「横山裕との熱愛スキャンダルで水卜麻美が謝罪!「ヒルナンデス!」降板は免れたものの、南原清隆らスタッフからは厳しい視線…」
芸能ランキング5位 Johnny's Watcherさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ

芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集

関連記事
スポンサード リンク
 カテゴリ