嵐の二宮和也さんが、小説を書きたがっていると、発売中の『週刊女性』が伝えています。

そのきっかけとなったのは、ピース又吉さんの芥川賞受賞ですが、実はもっと以前から、意欲を燃やしていたそうですよ。

嵐のうわさは→ ranking
『週刊女性』によると、二宮さんが小説執筆したいと漏らしていたのは、デビュー当時にさかのぼるそうです。

ただ当時は、嵐のブレイク前。
この話は、まだ早いと見送られてしまったとか。


二宮さんは、昔から創作欲が強いそうですよ。
芸能プロ関係者の話では

(引用)
「(前略)もともとは映画監督になるのが夢だったこともあり、デビュー前は政策側の人間になりたかったそうなんです。
嵐のアルバム内では、作詞作曲を担当することもありますし、以前に付き合っていた彼女には自作の歌をプレゼントしていたそうです」
(引用元:週刊女性

次のチャンスは、約半年前。

なんと、ある出版社からオファーがあったのだとか。

二宮さんご本人は、とても乗り気でしたが、ジャニーズ事務所が断ってしまったそうです。

その理由とは

(引用)
「(前略)同じ事務所でNEWSの加藤シゲアキの作家業が目立っていたので、いま書いてしまと二番煎じのように世間に映ってしまうからかもしれませんね」(スポーツ紙記者)
(引用元:週刊女性)

まあこれは、ジャニーズ事務所としては、意地悪ではなく、ニノのイメージを重視したのでしょう。

二宮さんも忙しいですし。


それに、加藤さんの第1作『ピンクとグレー』は、来年年明けには実写映画が公開されるそうですね。

ただここで、二宮さんも小説を発表、となったら、ジャニーズに文化部誕生と話題になったかもしれませんが。


さてそんなニノが興味を持つのは、どんなジャンルかというと?

アイドル誌ライターさんによれば

(引用)
「本人が好きな本のジャンルは、どちらかというとホラー系。若手作家の山田悠介氏の作品にハマっていた時期もあったそうです。現実にはありえないストーリーが好きみたいですね」
(引用元:週刊女性)

山田悠介氏は、中高生が好きな作家の第1位にもなったことがある作家です。

その作品は、ホラーやミステリに分類され、奇抜なアイデアと短いセンテンス、息をつかせぬ展開の早さが特徴、とのこと。

代表作には『リアル鬼ごっこ』『パズル』『ライヴ』などがあります。


もしも二宮さんが小説を書いたら、山田氏のような作風になるのでしょうか。

多忙な日々を送る中、少しずつでも創作を進められればいいですね。

あとは、さり気に語られていまが、次作の歌をプレゼントした元カノが誰なのでしょうね?



※ジャニーズの皆さん、絵心はどうなの?


お題に対して、二宮和也、中居正広が…

見せてくれた絵心【画像あり】
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking

今日の芸能ニュース

「イヤミ課長でブレイクした木下ほうか「アウトデラックス」でも話さなかった驚きの過去!」
芸能ランキング9位ワイド芸能ショーさん
「反町隆史のギャラがすごい!歴代『相棒』の中でダントツの200万円!視聴率が取れなければ殉職で終了?」
芸能ランキング6位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「相武紗季、5歳年上の会社社長と“週末通い愛”!母親にも紹介済みで結婚秒読み?」
芸能ランキング10位 芸能7daysさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ

芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集


関連記事
スポンサード リンク