前田敦子さん(20)の“卒業”が波紋を呼んでいますね。

前田さんの“卒業”発表は、3月25日。
さいたまスーパーアリーナで3日間開催された「AKB48コンサート 業務連絡。頼むぞ、片山部長!」の最終日でした。

前田さんの卒業について、前もって知っていたのは AKBのプロデューサー・秋元康氏と、同じメンバーの高橋みなみさんだけだったと言います。

所属事務所の太田プロも当日聞いたというから、これもまた驚きですね。


「私は14歳のときにAKB48のオーディションを受け、初期メンバーとして加入させていただきました。それは、私の人生にとって初めての大きな決断でした。そして、今日ここで2回目の大きな決断をさせてください。私、前田敦子は、AKB48を卒業します」

コンサートの終盤で、会場のファンたちにそう告げた前田さん。

突然の事に、AKBのメンバーたちも驚き、そしてパニック。
約2万5千人のファンたちは、それ以上の大パニックです。

「卒業なんて嘘でしょ!?」「あっちゃぁぁぁぁんん!!!」「うぉぉぉ...! あり得ないよ!!」など、会場には絶叫と涙で嗚咽するファンの声が会場にこだました。
中には、吐いている人もいたとか。

前田敦子の卒業発表と阿鼻叫喚の会場→ Geinou Ranking
前田敦子の卒業発表と阿鼻叫喚の会場→ Geinou Reading
前田敦子の卒業発表と阿鼻叫喚の会場→ Geinou Hiroba
前田敦子の卒業発表と阿鼻叫喚の会場→ Geinou Ranking
今回の公演では、初日にAKBの東京ドーム公演が発表されていました。
念願だったドーム公演の決定で、
「これを最後に解散か?」
なんてウワサも流れていたそうですね。

実際は、前田敦子の卒業というサプライズ発表だった訳です。


これについて、秋元氏はGoogle+でこう述べています。

(以下、引用)
「前田敦子はストイックです。なあなあな関係が嫌いで自分を追い込みます。孤独です。自分への苛立ちが、時に誤解される"不機嫌さ"です」
「みんなが自分に気を遣ってくれることも辛かったようです。このまま心地いい環境にいたら、もっとわがままになってしまう自分が怖かったのかもしれません。だから、敢えて厳しい世界に飛び込もうと思ったのでしょう」(引用ここまで)

この「自分への苛立ちが、時に誤解される"不機嫌さ"です」というフォローに対して、ヤフコメでは
「不機嫌さを表に出さないのがプロ」「芸能界に向いていない」
など、厳しい声が向けられています。

これまで、研究生にキレた事もあったとされる前田さん。
原因としては、過密スケジュールがとする報道もありましたが、元々情緒不安定な部分があったようです。

その他にも“顔面センター”など、様々な部分で叩かれていましたね。

ネットでは「あまりにたたかれて、耐えられなくなったのだろう」
とも言われています。


中には、

74 :名無しさん@恐縮です:2012/03/25(日) 20:49:38.69 ID:4+YcLXf90
本当に人気あった時は卒業されたら売り上げ的に不味いから手放さないけど
もうこれだけ叩かれてりゃな… エースって立ち位置も今は疑問だし

などと言ったコメントも。(2ちゃんねるより引用)


これまでの前田さんの発言からすると、以前からAKBのエースとしての自分に疑問を抱いていたようですね。

ある週刊誌記者には、
「ビジュアルも歌もダンスも一流とは言い難いのに、センターとして持ちあげられ続ける重圧に苦しんでいたのでしょう。」
と分析されています。

一般的には、東京ドーム公演が決まったから、この時期の発表になったと言うところ。
ドーム公演は、前田さんの卒業公演も兼ねて盛り上がるでしょうしね。

さらに、この記者は、「前田さんが卒業するから、ドーム公演が決まった可能性もある」と、うがった見方もしています。

だとしたら、さすがAKB商法。それも興行のタネにするんですね。


また、前田さんの
「後輩のためにも私が卒業して歩きださなきゃいけないと思います」
と言う発言からは、ブレイク後に人気メンバーが固定されてしまったAKBの現状への配慮が伺えます。

認知度と引き換えに、新鮮さを失いつつあるAKB。

メンバーにとっても、下位から上位への進出は、よほどの推しがない限り難しくなっています。

下位メンバーの中には、待遇の悪さから脱退する例もあるんですね。
その一方で、上位にも、"AKBが終わった後“に不安を抱いているメンバーがいるのだとか。

前田さんとしては、こういった後輩たちの事も頭にあって、先の発言となったのでしょうね。


ただ、AKBファンとしては、「これからは、篠田麻里子や大島優子といった、他の人気メンバー達もAKBに居づらくなるのではないか」
との心配もあるようです。

芸能関係者によると、確かに前田さんの卒業をきっかけにして、人気メンバーの卒業が続くはずだとか。

それは言わば「卒業ビジネス」。
AKBの人気を保つ戦略なのだそうですが・・・ますます恐るべし、AKB商法ですね。

もちろん、その一方では、新しい人気メンバーを育てるのでしょうけれど。


AKB卒業後の前田さんですが、これから、どんな活動をしていくのでしょう。
ネットでも、前田さんのソロ活動が成り立つかどうかは、疑問視されています。

ソロ歌手としての歌唱力も不足ですし、女優としては、今までの出演ドラマでも「低視聴率の女王」と異名を取ってしまった前田さん。

1月期に出演した「最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~」(TBS
系:木曜21時~)も、視聴率は低迷しましたね。

『最高の人生の終わり方』第6話の評判は?低視聴率の原因はどこにあるの?


ただ、前田さんの場合は、秋元氏やAKS(AKBの運営会社)がバックアップしていくそうです。

それでも、芸能界で生き残れるかどうかは、結局は本人次第なんですよね。

後輩のためにも、頑張って新たな道を示してほしいものです。

『最高の人生~』では前田さんが戦犯にされそうになりましたが
前田敦子、日本アカデミー賞受賞で自信回復?ジャニとの共演はまだあるの?

(参考記事:メンズサイゾー)


セクシーショットが話題になっても、素で軽やかなあっちゃんに出会えるのは
この写真集です!
前田敦子写真集 『不器用』

最後までお読み頂き、有難うございます^^
あなたのクリックが栄養源です。良ければ下のバナーに1クリックお願いいたします。


関連記事
スポンサード リンク