8月15日、BS日テレとBSジャパンは、韓国俳優のソン・イルグク氏(40)が主演のドラマ放映を見合わせると発表しました。

対象になったのは、「神と呼ばれた男」と「強力班~ソウル江南警察署~」の2作品で、21日に放映予定でしたが、イルグク氏たちが竹島の領有権を主張するために、リレー方式で泳いで渡った事を受けたものです。→ ranking

※イルグク氏は、『朱蒙』(チュモン)で伝説の高麗王を演じていました。
 【画像】→ geiuwasa ranking
 【画像】→ starblog reading
 【画像】→ geiuwasa ranking



両テレビ局は、「視聴者からの抗議や批判を受ける可能性を考えての事」と説明していますが、このうちBS日本は番組を差し替え、イルグク氏が出演しない作品を放映するそうです。

[引用]韓国ドラマは購入費が安く、韓流ファンの需要を見込めるため特にBSでの比重が高い。1日最大6本を放送するBS朝日は15日、「高校野球でドラマを放送していない時期にしては『韓国ドラマをやめろ』という電話が多い」、BS-TBSは「世論を見守っているが、韓国人俳優の言動によっては編成も対応せざるを得ない」と話した。
[引用元:産経新聞]

という事で、韓流ファンにとっては、物足りない夏になりそうですね。

ところで、この竹島への水泳リレーですが、8月15日の光復節に到着を目指して行われたものです。

※光復節(こうふくせつ)とは、朝鮮の大日本帝国(日本)からの解放を祝う大韓民国の祝日である。(引用:wikipediaより)

この日の竹島到着を目指して、イルグク氏を含む韓国芸能人一行に、大学体育学部学生加わった40人のメンバーが、韓国東部蔚珍の海岸を出発したのは、8月13日午前6時のこと。

当初は、午後2時に到着の予定でしたが、途中、4メートルの高さの波やクラゲ、船酔いに悩まされながらも、竹島に到着したのは、15日の午前7時30分でした。

当初の到着予定だった午後2時より、かなり早めの到着でした。

ただ、島の周囲は波が高くて船が接岸できず、実際に竹島の地を踏んだのは、二人の大学生だけだったそうです。

この一行は、一人当たり5.5キロ、合わせて約220キロを49時間のリレー方式で泳いだ事になるのですが、ネットでは、

・約220キロの距離を約49時間
=1キロの距離を約13分20秒
=100メートルの距離を約1分25秒

という計算がされ、「連続ではありえない速さ」
などの声があがっていましたが(情報元:2ちゃんねる)

安全のため、色々対策はされていたようです。

先のチョンフン氏の場合も、
[引用]安全な独島までの横断に向け、特別に製作された水泳船は、タグボートの案内で、参加者らが泳ぐスピードにあわせ、 独島まで運航する。[引用元:東亜日報]


水泳船が用意されていたんですね

水泳船で泳ぐチョンフン氏たちGazou ranking
水泳船で泳ぐチョンフン氏たちEntameranking
水泳船で泳ぐチョンフン氏たちGazou ranking
(立っている人もいます)

これなら、確かに安全ですね。
竹島に早く到着した事も、参加者の泳ぐスピードに合わせていたそうなので、みなさん水泳は得意なのでしょう。

ただ、一行の中でもイルグク氏は、日本にもファンが多い俳優です。
今回、リレー参加した事で、今後の日本での活動が、これまで通りという訳にはいかなくなるのでは?
そんな心配もあるのですが…。

※こちらもどうなるのでしょうね
韓国の銅メダル剥奪が現実に!? → geinoublog ranking
韓国の銅メダル剥奪が現実に!?→ geinouwasa ranking
韓国の銅メダル剥奪が現実に!?→ reading geinouwasa

早く解決してほしいです…。

今日の芸能ニュース
「木村沙織のワキ毛がボーボー!剃り忘れ!?画像」
芸能ランキング7位ズバリ裏芸能さん
「画像!意外な交流!反町隆史&松嶋菜々子が織田裕二夫婦とバカンス」
芸能ランキング24位裏芸能速報!アイドル図鑑さん
芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ
関連記事
スポンサード リンク