はるかぜちゃんこと子役タレントの春名風花さん(11)が、朝日新聞のコラムに寄せた「いじめている君へ」が反響を呼んだようですね。
GLAYのボーカル・TERUさんも、「お父さんやお母さん達に何かを感じてほしい」とブログで紹介ています。

このコラムは、以前も2006年11月~12月に掲載されていましたが、大津市の中学生いじめ自殺事件を受けて、今年の7月14日から復活したものです。

その最終日となったはるかぜちゃんの投稿は、いかにも彼女らしいものでした。→ ranking

【画像】春名風花とTERU→ geinou ranking geinou reading
【画像】春名風花とTERU→ geinou ranking geinou ranking

[引用]TERUは17日、「衝撃を受けました」とのタイトルでブログを更 新。「ぼくは小学6年生です。タレントだけど、ふつうの女の子です。今から書く言葉は君には届かないかもしれない。だって、いじめてる子は、自分がいじめっ子だなんて思っていないから。」という文章で始まる春名の文章の書き出し部分と、掲載されたメッセージのアドレスを掲載。「このページを見て、子を育ててる、お父さんや、お母さん達に何かを感じて欲しいと心から思いました。」と訴えた。

春名のツイッターには多数の反響が寄せられており、17日、「この連載をきっかけに、たくさんの人がいじめをじぶんの事として、考えてくれたらうれしいです」とメッセージを書き込んでいる。
[引用元:デイリースポーツ]


「いじめている君へ」全文→ geinou ranking geinou reading
「いじめている君へ」全文→ geinou ranking geinou ranking

(コラムタイトルは、『いじめられている君へ』、『いじめている君へ』、『いじめを見ている君へ』を含めた3種類から選択できるそうです。)

風花さんは、0歳からモデルを始め、3歳で携帯電話からブログを開設、更新していたそうですね。
9歳の時は、ツイッターで東京都の青少年育成条例問題について発言して、話題になり、現在では10万人のフォロワーを得ています。

9歳のはるかぜちゃんが
青少年育条例について苦言→ geinou ranking geinou ranking
青少年育条例について苦言→ geinou ranking geinou reading

この年齢とは思えない内容のツイートに、大人は感心したり、生意気と反発したり、あるいは母親辺りが代わりに書いているのだろうとも言われています。

はるかぜちゃん、実際の場面でも、物怖じしない態度はそのままなんですね。

7月20日、『ひみつの嵐ちゃん』に出演した時は、嵐ファンにツイッター上でフルボッコにされました。
松潤や相葉さんのファッションを上から目線で批評したというのが、その理由でしたが、はるかぜちゃんは、その鋭い切り返しで…

嵐ファンを返り討ち!→ geinou ranking geinou reading
嵐ファンを返り討ち!→ geinou ranking geinou ranking

まあ、中には早熟な子供もいますからね。
細かな部分は大人が手直ししているとしても、基本は本人が書いているのでは、という意見には、うなずいてしまいます。

フルボッコにされても、全く動じないはるかぜちゃん。

[引用]
ぼくは、じぶんより小さい子がはじめてネットに触れたとき、少しでもこわい思いをしなくてすむような世の中にしたいとおもっています(ω)こうすることで、悪口とたたかう勇気も、下の世代に伝えたいとおもいます[引用元:春名風花のツイッター]


とは言っていますが、ネットでは自分の悪口を言っているアカウントを探し出して探した上で、“信者”にさらして閉鎖に追い込んでいる、とバッシングを浴びています。

中には『いじめている君へ』って、自分の事じゃないか、という指摘も。

う~ん、はるかぜちゃん、恐るべし。
相手に対して手加減が効かないという、その部分は子供なのでしょうね。

ネットでは叩かれて、「毎日のように、キモい、うざい、〇ね」(一部編集)と言われているそうですが、同時に加害者側にも回っている。

これは、子供でも大きな影響力が発揮できる、ネットならではの怖さであり、複雑さでもあるのでしょう。

ただ、この文には子供としての実感がこもっているのは、確かでしょうね。

TERUさんが呼びかけたように、親からこの文を読んで聞かせられた子供は、何かを感じてくれるかもしれません。

実際には、いじめている側の子供や家庭で、この文が読まれるとは思いませんが、いじめられっ子はもちろん、見ている側の子供たちが、ひとりでも多くの意識に変化が起きて

いじめを見る子供たちの視線に、いじめっ子に対する無言の圧力がこもるようになれば…いじめは少しでも減るかもしれません。

大人たちの事なかれ意識も、このままでは行けないのは、もちろんですけどね。

今日の芸能ニュース
「板野友美が整形でなりたい顔1位に!高須クリニックが人気ランキング発表」
芸能ランキング20位裏芸能速報!アイドル図鑑さん
「沢尻エリカの彼氏画像!金髪ペアヘア!沢尻の太ももがパツパツ」
芸能ランキング14位ズバリ裏芸能さん
芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ
関連記事
スポンサード リンク