4月2日、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」が放映開始しましたね。

初回視聴率は関東地区で18.5%、関西地区で16.7%を記録して、好調な滑り出しです。(ビデオリサーチ社による)

前作「カーネーション」もしのぐこの数字は、ここ数年の朝ドラ視聴率では、もっとも高いのだとか。


「梅ちゃん先生」は戦後の焼け跡と化した東京・蒲田を舞台に、地域の医療に身をささげる医師・下村梅子の姿を描くドラマです。

脚本担当の尾崎将也さんはドラマ「結婚できない男」のヒットメーカーだった人ですね。

出演陣も、ヒロイン・梅子役の堀北真希さんや高橋克実さん、小出恵介さん、ミムラさんたちといった顔ぶれで、安心して観る事ができます。

細かい点での時代考証を指摘する声もありますが、全体としては、ドラマの評判も悪くないようです。


ドラマのあらすじと豊富な写真が満載!⇒堀北真希主演・NHK連続ドラマガイドブック「梅ちゃん先生(1)」

ところが、このドラマの主題歌SMAPの「さかさまの空」に違和感を感じるという声が上がっているそうです。

戦後の通勤手段は自転車でしたね。
木村拓哉さんも疑似体験中でしょうか。

木村拓哉、自転車部隊で反省中?→ ranking reading
木村拓哉、自転車部隊で反省中?→ ranking ranking
ドラマウォッチャーによると、

(引用)
「それはずばり、SMAPが担当する主題歌です。
ヒロインの梅子、そしてドラマ視聴者に向けての前向きな応援歌……というイメージで作られているようですが、まず曲調がポップ過ぎてNHKにそぐわない。
アイドルソングは連続テレビ小説の格を下げているようにも感じます」(引用ここまで)

なのだそうです。


確かに、
「ドラマに合わなすぎて吹き出した」
「歌が流れ始めた瞬間テレビを消しました」
「ドラマは面白そうだけどSMAPの歌とこぶ平のナレーションが受付けない」

等の声が、ネット上に上がっています。


2ちゃんねるなどでは、
「中居のソロ、これって流して大丈夫……?」「素人のカラオケレベル」などという書き込みもありますね。


ただ、確かに問題は、SMAPの歌唱力でしょう。

これについては、周知のとおりで
特に中居さんは自虐ネタにしている位ですけどね。

今や伝説となった、東京ドームの球式での「君が代」
SMAPの中居正広、飛ぶ鳥を落とす勢いの○○○。10年前にもこんな事が


中居さんの声に元気をもらったという声もありますが、一般的な考えでは、2コーラス目に回すという手もあったのでは?
などと思ってしまいます。


ただ、それを越えて人気があるのがSMAPなんですよね。
改めて全曲聞いたら?⇒SMAP「さかさまの空(初回限定CD+DVD)」


今回、朝ドラの主題歌にSMAPが起用されたのは、
ジャニーズ通の記者によると、最近NHKとSMAPのつながりが強くなっている表れだそうです。

昨年10月10日には、長期にわたる密着取材を受けたドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の放映もされたSMAP。
3月10日の震災特別音楽番組では、6時間もの放映時間中、中居さんがMCを務めました。

これは、SMAPが国民的アイドルという事もありますが、中居さんがNHKのVIPリストに入っている点も影響しているのでしょう。


そう言えば、最近はこの人もVIPリストに入ったという話が

最近VIPリスト入りしたジャニーズは誰?→ ranking ranking
最近VIPリスト入りしたジャニーズは誰?→reading ranking


NHKとジャニーズのつながりは、以前から指摘されています。

ジャニーズに対して、NHKは結構、気を遣っているのだとか。


SMAPが主題歌を歌う事で、NHKは視聴率アップを、SMAPは・・・というより、ジャニーズ側はお茶の間へのさらなる浸透を図ったのでしょう。

先のジャニーズ通の記者は
(引用)
「先の朝ドラ主題歌は快挙と騒がれましたが、実際にはイメージダウンにしかならないような気もしますね」(引用ここまで)
と、辛口のコメンをトしています。

他にも、
「戦後の状況からして、あの歌は明るすぎてそぐわない」
という感想もありますが、ドラマの進行も考えると、だんだん合ってくる気もしますけれどね。

後は、聞く側の慣れでしょうね。



「さかさまの空」が、どこまで番組になじめるか。
これからに期待しましょう。

(引用記事:サイゾーウーマン)

【こちらの記事もどうぞ】
中居さん、「ATARU」に加えて新たな挑戦
中居正広がプロデューサーに挑戦!「うもれびと」からSMAPを超える逸材は出るか?

最後までお読み頂き、有難うございます^^
あなたのクリックが栄養源です。良ければ下のバナーに1クリックお願いいたします。


関連記事
スポンサード リンク