12月30日に放映された『第54回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系、17:30~21:54)が発表されましたね。

今年の大賞はAKB48が昨年の『』に引き続いて『真夏のSounds goods!』で受賞、2連覇を果たしました。
また、最優秀新人賞は現役高校生の家入レオさんが受賞し手話題になりました。

この『日本レコード大賞』、音楽に関しての賞としては、日本で一番権威あるとのことで、ある意味、紅白よりも出演競争が熾烈なのだそうです。

※AKBへ、あの大作曲家が暴言を?
geinoublog ranking
starblog geiuwasa
geinoblog geiuwasa

TBS関係者の話によると
[引用]
「事前に作曲家やスポーツ新聞記者などの審査員によって選ばれた優秀作品賞10曲の中から当日、大賞が一つ選出されます。10曲中に入選するためには、当日会場に来て歌うことが必須。また、自社の歌手を入選させたいレコード会社や芸能プロが審査員を接待漬けにするため、毎年似たような顔ぶれになってしまいました。」
[引用元:FRIDAY]


そこで、その10組の中に旬な歌手を入れようとした番組側。
オファーを掛けた相手は、斉藤和義さん(46)と“ファンモン”こと『ファンキーモンキーベイビーズ』だったそうです。

ところが、賞レースと言う事で、斉藤さんも『ファンモン』も、初めは出演に乗り気ではなかったとのこと。結局承諾したのは、番組側の熱意に心が動かされたからだそうです。

斉藤さん、紅白出演への「『出演おめでとう』はおかしい」と言ったとされて物議を醸しましたが、実際の発言は「おかしい」ではなく、「ナンでなんだろ 何で言っちゃうんだろ」なんですよね。

ネットでは、「『おもしろいよね』のニュアンスでは?」との声もありました。
実際に聞いてみると、非難や反抗というよりも、面白がっているように受け取れるのですが。
(少し照れもあるような…)

※12月28日『ドレミファさまぁ~ず』出演時の発言ですね【動画】
 どう聞こえますか? → Gazou ranking
 どう聞こえますか?→ Douga ranking
 どう聞こえますか?→ Douga reading
どう聞こえますか? → Gazou ranking
(問題の発言は)15:47頃から)


さて、話の続きです。

実際の出演に当たっては、形式上とはいえ、さらに選考会議をパスしなければならないのだとか。

この選考会議、斎藤さんはすんなりパスしたそうですが、問題は『ファンモン』。10組目の最後の一枠をダンスグループ『AAA』と争い、再投票の結果、わずかな差で敗れてしまったとのこと。

思いがけない結果に、番組サイドは『ファンモン』に平謝り。

その上、番組側に追い打ちをかけるように、来年3月にファンモン解散の発表です。
発表は、選考会議の直後でしたが、会議の時点では、審査員も知らなかったそうなんですね。

解散発表のタイミングによっては、ファンモンも優秀作品賞に入っていた可能性があると言う事なのでしょう。

先の関係者もこうコメントしています。
[引用]
「『ファンモン』が出場すれば話題になったはず。それに、彼らは『紅白』に出るので、おいしいところをNHKに持って行かれ。悔しい」
[引用元:FRIDAY]


ファンモン、昨夜の『レコ大』では優秀アルバム賞を受賞していますが、それもまた、番組サイドのせめてもの埋め合わせだったのかもしれませんね。

紅白もレコ大も、事務所やテレビ局、審査員たちと、それぞれの考えがあり、出演する芸能人たちの思いも含めると、裏にはまだまだ、色々なドラマがありそうです。

ファンモンも、解散は残念ですが、あと3ヶ月間を充実した活動にしていってほしいですね。

※ファンモン解散、本当の理由は?
ranking reading ranking reading

※歌い終わった時のポーズがすごい!
家入レオ【画像】→ ranking reading reading ranking


『第54回 輝く!日本レコード大賞』の受賞結果はこちら


【関連記事】
TBSがジャニーズ離れ?香取&山Pの『MONSTERS』打ち切りが起こした波紋
ジャニーズだけではない、美輪にアッコにAKBまで!男性たちが紅白で見たくない歌手ランキングとは?

今日の芸能ニュース
「長瀬智也、相武紗季と年内破局の裏事情!来年のTOKIOは国分太一、城島茂が相次いで結婚?」
芸能ランキング15位 芸能7daysさん
「松田聖子が紅白に出場しなかった理由は、新婚の旦那と一緒に過ごすため!」
芸能ランキング12位 レッツ芸能ニニュースさん
芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ
関連記事
スポンサード リンク