俳優・水嶋ヒロさん(28)が、映画『黒執事』で3年ぶりに復帰しますね。

2010年9月、研音所属だった水嶋さんは、執筆活動に専念するとして、独立した事務所を設立。ところが、ポプラ大賞を受賞した処女作『KAGEROU』以降、2作目の出版はありませんでした。

一部の報道では、2作目のクオリティが低かったため、出版を断わられたとも伝えられましたが、それ以後の作品もなかなか書けなかったようです。

今回の復帰は、水嶋さんのコメントでは、出演オファーの熱意に負けての事だそうですが、復帰は予想していたと見る声が多いですね。
それでも、今このタイミングで『黒執事』という作品への出演という形になったのは、妻の歌手・絢香さん(26)の意向もあるようで…?→ ranking

※こんな噂も出ていました

最近の水嶋ヒロが…
 仕事がなくてヤバいらしい→ geiuwasa ranking
 仕事がなくてヤバいらしい→ starblog reading
 仕事がなくてヤバいらしい→ geiuwasa ranking

[引用]
水嶋には役者としての仕事のオファーはボツボツ入ってはいたんです。それを断っていたのが絢香だったんですよ。女性共演者と“深い仲”になるのをなんとか食い止めたかったから。彼女は非常に嫉妬深いですからね(笑い)。その点、今回の映画に女性役はほとんどおらず、安心したんでしょう」(音楽関係者)
[引用元:東スポ]


絢香さんと個人事務所を立ち上げてからの水嶋さんは、プロモーションビデオやCMへの出演はありました。
ただ、これらは撮影が短期間で済むため、共演者と親密になる心配も少なかったそうです。(情報元:東スポ)

今回の『黒執事』ですが、この原作は、2006年から月刊誌に連載中のコミックです。
2008年のTVアニメ化で、爆発的な人気を得て、2009年には舞台化されているんですね。

その内容はと言うと
[引用][舞台はイギリス。名門貴族・ファントムハイヴ伯爵家の執事セバスチャン・ミカエリス。彼は日頃の執事としての業務は勿論、全てにおいて完璧。まだ幼い主人シエル・ファントムハイヴと共に裏家業である「女王の番犬」として動く。引用元:Wikipedia]


という訳で、舞台化された時も、主要キャストのほとんどが男性だったとか。

このため、さすがの絢香さんも、出演に反対する理由がなかった、というのが東スポの記事の内容でした。


水嶋さんも、これまで絢香さんの仕事現場に付き添う姿が“付き人”と言われる状態でしたから、妻の発言力は大きいのかもしれません。

もっとも、独立時に「執筆活動に専念する」と宣言する一方では、「これから干されるかもしれない」と周囲に言っていたという水嶋さん。
独立した理由も、もともとは絢香さんとの入籍が、所属の研音に無断だったため、そちらの怒りを買っていたからと言われているとか。

今回の復帰は、研音と絢香さん所属のエイベックスの間で話がついた、“みそぎ明け”のしるしではないか、という話もありました。(情報元:メンズサイゾー)


それなら、これで話は順調かと言うと、そうでもないようです。

空白期間が長かった事で、本人と周囲の意識には、ギャップもあるとか。

[引用]
「いまだに水嶋は自分の事を売れっ子俳優と思っているんですよ。独立して仕事が激減した時、手助けしようとした事務所もあったんですが、会って話してみると、自分の世界観がどうだとか、テングになっていて、いま置かれている立場がまったく分かっていない。さすがに、その事務所関係者も『ありゃダメだわ』と苦笑してましたね」(テレビ関係者)
[引用元:東スポ]



現在、ネットから聞こえる声も、復帰に喜ぶ声もある一方では、「今更」というものも多いようです。

※2010年には、このランキング第3位に入っていた水嶋さんも…
もはや名前が見当たらない!

2012年 男性がなりたい顔ランキング
 → geinoublog ranking
 → geinouwasa ranking
 → reading geinouwasa


水嶋さん、そう言えば、映画監督を目指していたという話もありました。
水嶋ヒロ、次は映画監督が希望も実現が難しい上、絢香とも不仲に!?
これを見ると、ここでも絢香さんとの不仲がささやかれていたようですね。
まあ、嫉妬される位なら、夫婦仲はまだ大丈夫なのでは?という見方もできますが。

ただ、『黒執事』に関しては、どうなるでしょう。
原作とは違う、ほとんどオリジナルの設定というからには、ひょっとして女性の共演者も出てくる可能性もありいますが…?

※これはおかしい!映画化に当たっての…
 てんやわんやの声→ geinouwasa ranking
 てんやわんやの声→ starblog geinouwasa
 てんやわんやの声→ geinouwasa reading


水嶋ヒロの公式ホームページはこちら(音が出ますので、ご注意ください)
水嶋ヒロのツイッター、絢香のブログはこちらから

【関連記事】
映画『黒執事』で3年ぶりに俳優復帰する水嶋ヒロ、苦悩を告白「何度も断り続けました」

今日の芸能ニュース
「小雪の第二子出産は韓国で!理由は産後院に興味があったから…と、育児ストレスから逃れるため?」
芸能ランキング2位芸能スクープ、今旬ナビ!!さん
「AKB河西智美、全裸で子供に手ブラ!写真集の表紙に「児童虐待では?」の声」
芸能ランキング3位 エンタメSCOOPさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ
関連記事
スポンサード リンク