6月4日夜、W杯出場を決めたオーストラリア戦で、ペナルティキックを成功させた、日本代表・本田圭佑選手(27)。

ところが、テレビを見た人の間では、本田選手の顔つきがおかしいと話題になっていましたね。
ギョロッとした目つきに驚いた人も多かったようですが、これは元々、今年3月のテレビ出演時から気づかれていたそうです。

『週刊文春』4月11日号では、本田選手が受けたレーシック手術が失敗したのではないかと報じられました。

ところが今回の『文春』6月20日号によれば、それ以外にも原因が考えられるそうで…?→ ranking

※本田選手の目がヤバい【画像】
geinou ranking
geinou ranking
geinou reading
geinou reading
本田選手は、6月5日の記者会見では「応援してくれたファンの皆さん、あることないこと書いてくれたメディア、そしてスポンサーに感謝したい」と発言しています。

疑惑について牽制するようなコメントに、取材現場は腫れ物に触る扱いになり、目の異常について、突っ込んだ質問も出しにくいそうです。

また、写真についても配慮がなされ、顔つきが異様に見えるからとの理由で、本田選手を正面から撮った写真はボツになる事もあったとか。


本田選手と言えば、昨年6月に『新宿近視クリニック』でレーシック手術を受け、0.4だった視力が2.0に改善されています。
これは専門医によると“過矯正”による悪影響の可能性があるそうですね。

これまでは「眼球が飛び出したように見える」「まぶたが腫れているように見える」ことに加え、最近は「眼球がキョロキョロと左右に振れる」ことも指摘されるようになってしまった本田選手。
『文春』では、“過矯正”の可能性を残しつつも、「レーシック手術の後遺症とは考えにくい」とする専門医の意見が紹介されています。

一方で、本田選手をよく知るサッカー関係者は、こんな可能性を指摘しています。
[引用]「本田はバセドウ病ではないかと言われています。
本田がおかしいと気づいたのは、今年二月。最初は腎臓が悪いと思った。試合前から顔のむくみが気になったし、汗もかいていた。顔も全然変わってしまった。」[引用元:週刊文春]


甲状腺ホルモンの異常によって起こるバセドウ病は、免疫バランスが崩れることにより、疲れやすくなったり、動悸、手足の細かな震えなどの症状が見られます。

また、見た目では、目がギョロッとする『眼球突出』がしばしば見られるそうです。
この症状では、何となく左右の目の違和感を与える事も多いそうで、これはまさに、本田選手に当てはまるのだとか。(情報元:週刊文春)

バセドウ病は、症状に気づくまで、数週間から数か月かかることがあるそうです。非常にゆっくり進行する病気のようですね。
腕や太ももの筋力低下や不眠症も起こしたりするとの事。(参考記事:質問と回答集/バセドウ病

この2年間、ケガで実戦から遠ざかっていた本田選手。
一昨年夏は、右ひざの半月板を痛め、昨年末は左足首の負傷というのがその理由でしたが、こう見ると、不調の原因には、病気のせいもあったかもしれませんね。

先の関係者は、こうコメントしています。
[引用]「(前略)バセドウ病は、発症しても運動はできるけど、体調のアップダウンが激しいと聞きます。ただ、彼は今夏に移籍を目指していて、これから国際試合で結果を出してアピールしないといけないという事情があるため、なかなか公表はできないでしょう」[引用元:週刊文春]


ああ、これは辛い立場ですね。

本田選手は、6月3日の帰国時には、長男を抱いて成田空港に姿を現しています。
これまで家族の話もタブーで、子どもが誕生した事も「絶対に人に言うな」と、周囲に釘を刺していたという本田選手。それなのに、この変化はどうした事でしょうか。

これについて、サッカー担当記者は、このような見方をしています。
[引用]「本田自身は公式サイトに『リーグが終わってからの報告という形を選びました』とメッセージを寄せています、付き合いのあるメディア関係者には『隠すのも大変になってきた』と語っていますが、穿った見方をすれば、興味を自分の症状からそっちにそらそうとしたのかもしれません。」[引用元:週刊文春]


確かに、空港での姿は、メディアへのサービスとして、あえて長男を露出させたとも取られるような。
(それでも、正面からのショットはタブーだったそうで、かなりのクレームが来たそうです)

※本田選手に抱えられた長男。かわいいですね
【画像】→ geinou ranking geinou reading
【画像】→ geinou ranking geinou reading

※お嫁さんも美人です
【画像】→ geinou ranking geinou reading
【画像】→ geinou ranking geinou ranking


先のサッカー関係者によると、本田選手は性格から言って、「たとえ病気でも俺はできるんだ」と見せたいようです。
病気をカミングアウトするのは、自分が辿りつきたいステージに達したところで、と推察されているんですね。
これもまた、常人には真似のできないところです。

今や日本代表にとって、なくてはならない存在になった本田選手。
きちんとした治療を受けているとは思いますが、どうか無理をしすぎる事のないように。
【関連記事】
第1位は明石家さんま、岡田元監督は11位!W杯キャスターたちの極秘ギャラリストとは~その1
大島優子がW杯でブラジルに派遣される裏事情!フジテレビのこんな思惑が?

今日の芸能ニュース
「指原莉乃はAKB48選抜メンバー内でも嫌われ者!新センターは先行き不安?」
芸能ランキング12位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「奥大介、創価学会を拒否し職場イジメに遭っていた!佐伯日菜子はストレスのはけ口に」
芸能ランキング3位 芸能スクープ、今旬ナビ!!さん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ


関連記事
スポンサード リンク