毎年夏、テレビマンたちの最大の関心を集めるという、日本テレビの『24時間テレビ』と、フジテレビの『27時間テレビ』。

この2番組の舞台裏やギャラ事情を明かしているのが、7月30日発売の写真週刊誌『FLASH』です。
それではまず、それぞれのギャラ事情からみてみましょう。

24時間テレビと27時間テレビの舞台裏→ ranking
その中で、24時間テレビの出演者ギャラは

嵐(メインパーソナリティ)  5000万円
嵐の大野智(SPドラマ出演) +500万円
森三中の大島美幸(チャリティマラソン)1000万円
上戸彩(チャリティーパーソナリティ)500万円
羽鳥慎一(総合司会) 500万円

これに対して、27時間テレビは

森三中 900万円
オアシズ 700万円
ハリセンボン 200万円
友近 200万円

明石家さんま 1000万円
ビートたけし(1コーナー出演) 500万円
アンタチャブル山崎弘也 120万円
マツコ・デラックス 100万円 

坂本冬美 100万円 
ももいろクローバーZ 80万円


ここで注目されるのは、大島美幸さんです。
フジテレビでは森三中として3人で出演するため、一人辺りのギャラは300万円になりますが、日テレでは一人で1000万円。これは嵐の各メンバー一人当たりと同額、ということになりますね。

ただ、24時間テレビのチャリティーマラソンでは、準備の練習に何ヵ月もかける事が必要です。
それを考えれば、妥当な金額なのだとか。

最近はランナーの引き受け手がいない中、オファーも自然と番組レギュラーに行ってしまうとのこと。
大島さんも『世界の果てまでイッテQ』に出演していますね。

また、「ランナーはその後1年、日テレから仕事が保証される」という暗黙の約束があるのだとか。(情報元:週刊フラッシュ)

まあ、それだけの協力をしているとも言えるかと思いますが、その前のチャリティー番組にギャラ発生…これはどうなのでしょうか。

これがはっきりした事で、ネットでは「高額ギャラをもらえるのなら、そりゃあ頑張るはずだ」などの声も出ていましたが、抵抗を覚える視聴者も多いでしょうね。

出演する側の芸能人でも、同じ考えの人はいるようです。
例えば、明石家さんまさんの場合。

[引用]
「じつは、一度『24時間テレビ』に出演した際にさんまさんは『この番組はチャリティだからギャラは寄付して』と局に伝えたんです、しかし、局も他の出演者の手前、そうも行かず『お支払いたします』と答えたところ、さんまさんは納得できなかったらしく、以降、出演は途絶えています。たけしさんも同じ理由で出演しません。」[引用元:週刊フラッシュ]


さすがお笑い界の大物は違う!と言いたくなりますが、実際的な方法としては、出演した上でギャラを寄付、という手もありますね。
そこは局の方でも、何とか納得のいく説明ができないものでしょうか。
もしくは、それなら出演者全員のギャラを、ノーギャラとは言わなくても、実費程度に抑えるとか。

ギャラの設定については、こんな事情があるようです。

[引用]
拘束時間が長いため、これぐらいの金額になります。27時間テレビと違い、1人あたりのパーソナリティの負担は想像以上に大きいんですよ。
武道館の裏側にはシャワールームもついた彼ら用の仮眠室が設けられていて、ドラマを放送している間などは休める」用にしているぐらいです。徳光和夫さんはギャラが1千500万円もしたため、外れることになりましたが、『嵐』の1人1千万円はむしろ安いぐらいですよ」[引用元:週刊フラッシュ、一部改行]


嵐はもともとギャラが低いと言われていますね。
それでも嵐、というかジャニーズ事務所がこの仕事を受けるのは、金額ではなくて「イメージ作り」のためだそうです。

※出演には、タブーもあるようですが?
嵐の年齢、24時間テレビではタブ―だった?ジャニーズ事務所が年齢隠しにこだわる訳は?

これは日テレにとっても同じなのだとか。

丸1日をチャリティにあてるというコンセプトのもと、24時間テレビの総制作費は4億2000万円。プライムタイムなどのSPドラマ製作費が5000万円、武道館やマラソンなどの警備費に4000万円がかかるのだとか。

このうち、2時間枠で放映されるSPドラマの製作費は日テレとしては異例の金額だそうです。

日テレは他局よりドラマの予算が少ないため、普段は『ほとんどが自社のスタジオで撮影していますが、24時間テレビでは凝ったセットを用意するなど、とても丁寧に作っているそうです。

これに対して、CM収入は22億2750万円ですが、総制作費を除いたほとんどの額を、赤字にならない範囲でチャリティーに回すとのことです。

ただ、一般の視聴者にとって、最近の24時間テレビの企画には、首を傾げる部分も大きいのですが。

※24時間テレビの黒い噂
ranking reading ranking reading

一方、フジの27時間テレビは、商売として利益追求の姿勢です。

[引用]
「『めちゃイケ』や『笑っていいとも』など、既存の番組のスペシャル版を軸にした構成となっています。つまり、日テレの24時間テレビのようにイチから番組を作り上げる手間がかかってないのです。
スタジオ中継が多いため、警備にかけるコストも、日テレの10分の1もかからない。今年で27回めを迎えて、世間でも『お祭り』と認知されているため、CMの料金も通常より高く設定できます。(後略)」
[引用元:週刊フラッシュ、一部改行]


という理由で、27時間テレビの総制作費は3億円。CM収益は17億5500万円ですが、寄付もないため、まさに超黒字の『ドル箱』だそうです

収益重視の27時間テレビに比べて、24時間テレビに対して世間の目が厳しいのは、やはりチャリティーをうたった部分と、実際とのギャップのせいでしょうね。

日テレの番組制作スタッフも、せっかく頑張っているのですから、それが見当違いの方向にいかないように、気をつけてほしいですね。

さてフジの27時間テレビがきょう終わってから約3週間後は、24時間テレビの出番です。
今回は、はたしてどんなものになるでしょうか。

※ヤラセ疑惑!今回の27時間テレビにも、こんな裏が?
Uwasa Geinou Ranking
Ranking Geinou Reading
Geinou Ranking Geinoujin

そして、さらなる疑惑
geinouwasa ranking
geinouwasa reading
geinohiroba ranking

今日の芸能ニュース
「加藤浩次、元相方・山本の復帰を生放送で嘆願「あいつを許して」に反対の声!」
芸能ランキング2位 エンタメSCOOPさん
「戸田恵梨香激ヤセの裏に綾野剛との復縁が?痩せた原因は交際のストレスだった?」
芸能ランキング16位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「好きなテレビ番組、嫌いなテレビ番組ランキング!「嫌い」にフジテレビの4番組がランクイン!

芸能ランキング3位 芸能スクープ、今旬ナビ!!さん
「志村けんが岡村隆史にダメだし! ぱくってばかりじゃなくて自分の芸をしろ!」
芸能ランキング15位 レッツ芸能ニュースさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ


関連記事
スポンサード リンク