昨日、東スポがスピード離婚をスクープした、山本太郎参院議員(38)に、新たな女性スキャンダルが持ち上がりました。

8月7日発売の『週刊新潮』によると、山本氏は、なんと16年前に、当時17歳の女性に乱暴していたというのです。
しかも、その時山本氏は、”その筋”に相談して、話をもみ消そうとしていたのだとか。

ご本人は、昨日夜の会見でこの報道については「事実無根」「ネガキャン」」と否定していますが、一体どういうことなのでしょうか。

スキャンダルの内容と、元妻・割鞘朱璃さん(20)が語った離婚の経緯について→ ranking

※結婚当時、割鞘朱璃のブログを乗っ取っていた…
驚きの犯人→ geinou ranking geinou reading
驚きの犯人→ geinou ranking geinou reading

『新潮』では、ある芸能プロダクション幹部を仲立ちにして、被害女性の告白が掲載されています。

現在は都内の飲食店勤務だというその女性は、安西百合子さん(仮名)。
横浜市出身の33歳で、身長は153cm。前田敦子の童顔だそうです。

山本氏が参院選に当選したことで、「あんな男が政治家になるのは許せない」と、幹部に連絡をしたのだとか。

安西さんの話では、1997年9月の初め頃の夕暮れ時に、友人と遊びに行った東京・青山通りのクラブ「MUSE(ミューズ)」で、隣のテーブルから話しかけてきたのが、山本氏でした。

当時22歳の山本氏は、NHK朝ドラマ『ふたりっ子』に出演してブレイク、俳優としても知られていたため、安西さんたちも誰なのかはわかったようです。
当時、そのクラブには芸能関係者は珍しくなかったため、山本氏に話しかけられても適当にあしらっていたのだとか。

ところが夜中の1時ごろ、食事をしようと店を出たところ、追いかけてきた山本氏とその友人に飲みに誘われ、店の前に横付けされた4ドアセダンに強引に連れ込まれたそうです。

そして山本氏の運転で約10分後に到着した広い公園の側道で、そこで「ペアに分かれて鬼ごっこしよう」との山本氏の言葉に、友人女性は山本氏の友人に、強引に連れ去られてしまいました。

すると、山本氏は安西さんの隣にと席を替え、2人きりでしばらく話のあと、文字色会話の途切れ目に、突然乱暴を始めたそうです。安西さんも必死で抵抗しましたが、力の差には敵わなかったとか。

十数分後に戻ってきた友人女性も、別の場所で乱暴されていました。
[引用]
「太郎さんの友達が助手席に乗り込むと、“さっきの店の辺りで降ろせばいいかな?”って聞いてきたんです。ヤルことやったら用済み、という感じでした(後略)」[引用元:週刊新潮]


新潮では手慣れた手口と表現されたこのやり方、安西さんたちも「いくらなんでも、ひどい」と思いながら、親に言ったり警察に行くのはためらいがあったようです。
特に、友人女性にとっては、内定していた就職の取り消しが怖かったようですね。

今回仲立ちになった芸能プロ幹部は、当時の安西さんから相談を受け、山本氏には自分の友人を通して、けじめをつけてもらおうとしたのだとか。

ところが、幹部の友人から電話で「この野郎、ただじゃおかねえぞ」と、激しくなじられた山本氏は、すっかり怯えてしまい、知り合いの山口組系傘下の組に相談したのだとか。

安西さんは、「これ以上関わるのは危険。あとはこちらで何とかする」と諭され、我慢したそうですが、今に至るまで、山本氏からの謝罪はないままとのこと。

8月4日、新潮記者の直撃に、山本氏はこう答えたそうです。
[引用]
「乱暴なんて、ないですよ。新潮さんにコメントしても、メチャクチャにしか載せられないから」[引用元:週刊新潮]


後日、改めて否定しています。
[引用]
「22歳で俳優をやっていて、正直、モテなかったわけじゃないです。確かにヤンチャはしていましたけど、これまでの人生の中で、嫌がる女性に乱暴した上で無理やり、関係を結んだことは一度もなかったんです」[引用元:週刊新潮]


安西さんの告発と山本氏のこの答え、どちらが本当なのでしょうか。

しかも同時に、山本氏は昨年結婚したばかりの割鞘朱璃さん(20)について、選挙期間中も「僕の母と一緒にフィリピンに言っています」と言っていながら、実は離婚していた事が東スポによってスクープされたばかりです。

ご本人のインタビュー内容です。
山本太郎が妻・割鞘朱璃(わりさや じゅり)と3ヶ月でスピード離婚していた!本人激白の内容とは?

新潮によると、現在朱璃さんは、昨年10月頃から大阪・北新地のキャバクラでナンバー1のホステスをしているとか。

面接の際は、山本氏との関係は隠したまま、仕事をしたいと言ってきたそうです。
離婚の原因は、山本さんのマザコンぶりと、義母との確執だったとか。
「義母とは大阪の実家で暮らしていましたが、籍を抜いたため、出なくてはならなくなった」と語ったそうです。

山本氏は、東スポインタビューでは、朱璃さんは専門学校へ行く傍ら、お金を得るためのバイトだと説明、離婚の原因についても違う事を言っていましたが…やはり、新潮の情報を読むと、納得するものがありました。

朱璃さんがお金に困っていたのは、結婚時に作らされた自分の実印代と、義母のペルシャじゅうたんを汚された弁償代で、50~60万円を請求されていたからだそうです。
親しい客に、借金を申し込むこともあったとか。

これはひどいですね。

山本氏の母親は、気性が激しくて、普通の女性との同居は難しい方のようですね。
以前もこんな話がありましたから

山本氏と母親を…
スタッフ女性が虐待で告訴!
geinoublog ranking
starblog geiuwasa
geinoublog ranking

山本氏のフィリピン移住計画や反原発思想も、母親の主導や影響だそうですが、一方ではボランティア精神を植え付けているようですね。

記者に離婚の理由を尋ねられた朱璃さんは、瞬間的に顔色が変わり、「たぶん…違います」と奇妙な否定をして、店の奥に入ってしまったとか。

現在は店のナンバーワンになっているそうなので、金銭問題は解決したのでしょうが
…と言うより、慰謝料は200万円だったと言いますから、(情報元:産経新聞)弁償請求と相殺されなかったのか。
この辺もすっきりしませんね。

朱璃さんは、何に怯えていたのでしょうか。
安西さんの話と合わせて、山本氏の背後に控えているものは何なのか、考えてしまいました。

もっとも、安西さんの件については否定している訳ですが、ネットでは「この人ならやりかねない」などの声が多いのも事実です。
それとも、これは反原発派のネガキャンにすぎないのでしょうか?
記事が事実でないとしたら、告訴しても不思議ではありません。

ただ、離婚を隠していたことについては、離婚の理由が朱璃さんの言うとおりなら、山本氏の「朱璃を実家から守るためだった」という主張が根拠を失ってしまいます。

そうなると、安西さんの告白への否定も、やはり疑われてしまうかもしれませんね。

山本氏が、一票を投じてくれた人たちのためにも、納得のいく説明をしてくれれば良いのですが。


※選挙違反疑惑どころではない?
山本太郎の参院当選の…
黒い噂→ Uwasa Geinou Ranking
Ranking Geinou Reading
Geinou Ranking Geinoujin

【関連記事】
山本太郎が妻・割鞘朱璃(わりさや じゅり)と3ヶ月でスピード離婚していた!本人激白の内容とは?

今日の芸能ニュース
「矢口真里が失った驚きの月収!7月からは国保のキャラクターになるはずだったのに…」
芸能ランキング3位 芸能スクープ、今旬ナビ!!さん
「木下優樹菜がSNSで一般人に暴言!「だっせーあだなw」」
芸能ランキング6位 ズバリ!裏芸能さん
「SNH48・宮澤佐江、ジャニーズJr.深澤辰哉とお泊まり発覚!“家族公認愛”の可能性も?」
芸能ランキング16位 芸能7daysさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ


関連記事
スポンサード リンク