ジャニーズの5人グループ、Sexy Zoneのセンター・佐藤勝利(しょうり)くん(16)主演の『49(フォーティーナイン)』(日本テレビ系、土曜24:50~25:20)が、好評のようです。視聴率も、深夜の時間帯としては健闘しているようですね。

この番組、勝利くんの他にもジャニーズJr.たちが出演していますね、

10月19日の『サイゾーウーマン』記事によると、これが何とも衝撃的なのだとか。→ ranking

※セクシーゾーンがわからない方へ

他担が思わず降りたくなるくらい
Sexy Zoneを通販番組風に紹介したら…

こうなりました【画像】→ Uwasa Geinou Ranking
こうなりました【画像】→ Ranking Geinou Reading
こうなりました【画像】→Geinou Ranking Geinoujin
(注:他担を降りる=他グループのファンを辞めること。ジャニオタ用語)
その理由については、以下の記載がありました。
[引用]
息子をかばった父親が交通事故で亡くなり、息子の体を49日韓だけ借りて生きるというストーリー。内容や演技力云々は置いておいて、「衝撃」だったのは佐藤勝利がバリバリの下ネタをやってのけていることだ。「父親の魂が息子に入っている」という設定のため、母親役(つまり、男にとっては奥さん)の紺野まひるにキスしようとしたり、胸もとを見たり、尻を見て欲情したりというシーンがたびたび出てくる。[引用元:サイゾーウーマン]


おまけに、朝は男性特有の生理現象のシーンもあるそうです。

記者が衝撃を受けたのは、そんな下ネタを演じるのが、ほかならぬジャニー社長のスペオキ(特別なお気に入り)である、佐藤勝利くんだという点だったんですね。

整った顔立ちがジャニーさんに気に入られて、ジャニーズ入所間もないのに、Sexy Zoneのセンターに抜擢されたとされる、勝利くん。

最年長の中島健人(けんと)くん(19)が、もろに王子様キャラな事もありますが、セクゾンと言うグループも、キラキラ王道アイドルで、清潔感も売り物のはず。

それが、深夜ドラマとは言え、下ネタ満載にキスシーンです。
だたでさえ、女性ファンを刺激しそうな設定ですが、記者の分析では、「ジャニー氏は、なぜかスペオキにキスシーンなどをやらせることが多い」のだとか。


同様の例として、中山優馬(ゆうま)くん(19)も、7月期ドラマ『ぴんとこな』(TBS系、木曜夜9時~)で川島海荷さん(19)とキスシーンを演じた事も挙げられています。

優馬くんもまた、ジャニー氏のスペオキとして知られる存在です。

大阪在住だった高校時代までは、上京するとジャニー氏と同じマンションで過ごしていましたし。

そして、そのマンションには、Kinki Kidsの堂本剛さん(34)も住んでいたようですが、剛さんこそ、元祖スペオキとされるジャニタレです。
(サイゾーウーマンでは、「最上級」とも表現されていました)

堂本剛の他に、中山優馬も?セキュリティが疑問のジャニー喜多川氏のマンション、他に暮らしているのは誰?

(注:1昨年7月のマンション不法侵入事件以後、ジャニー氏は引っ越ししているため、現在はどうかわかりません)


剛さんなどは、『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』(1994年、TBS系)で、なんと堂本光一さん(34)とのファーストキスシーンがあったそうです。

普通、女性ファンはお気に入りのタレントのキスシーンも嫌がることも多いのですが、ジャニーさんにとっても、彼らは特別のお気に入りのはず。

これでいいのでしょうか?

サイゾーウーマンでは、このように見ています。
[引用]
「ジャニー氏はもともとテレビよりも舞台に思い入れがあるから、テレビは無関心で見ていない」という理由も考えられなくはないが、でも、どちらかというと、積極的にスペオキにキスシーンなどをやらせたがっているようにみえてならない。そして、それを見て楽しむという、特殊な愛のかたちなんじゃないかと思ってしまう。
[引用元:サイゾーウーマン]

おいおいって。
でも確かに、言われてみるとそんな面もあるかもしれませんね。

佐藤勝利、中山優馬…並べてみると、ジャニー喜多川の好みの顔がわかりやすすぎる

歴代のお気に入りたち【画像】
geinou ranking
geinou reading
geinou reading
geinou ranking

(なるほど、よくわかります)


勝利くんですが、結構ジャニー氏にいじられているような気がします。
昨年春は、陸上部だった勝利くんが、ジャニーズのマラソン大会で優勝したとたん、ハワイのマラソン大会に参加となりましたね。

これはちょうどその時、ファースト写真集の撮影でセクゾンたちがハワイに行った時を利用してだったと思いますが、本人的にはかなりハードだったのでは…。

また、セクゾン2nd CD『レディ・ダイヤモンド』では、勝利くんが曲中で俳句を読み上げるという演出でしたね。

これもまた、勝利くんが学校の俳句大会で入選した事がある、というのを生かそうとして、何とも不思議な効果になっていたような気がします。

セクゾンについては、最新曲『バイバイDuバィ~See you again~』にも少しびっくりしたばかりです。

確か、最初にお披露目された時の出演番組だったと思いますが、中近東らしいテイストに、「なぜこの季節に、中近東?」「ドバイって、あのドバイよね」と戸惑いつつ見ていたんですね。

その理由については、菊地風麿(ふうま)くん(18)が説明していましたが、ああやっぱりという感じでした。

セクゾンがドバイの歌を…
歌うことになった理由とは?
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou reading

まあこれ、インスピレーションで行動するジャニー氏らしい、と言えば、らしい…
と言うか、セクゾン思い切りジャニーさんにおもち、いえ、遊ばれているじゃないですか。

さっきも書いたように、Sexy Zoneは、もともとは、ベタな位アイドルの王道路線を行くグループのはず。
それなのに、色物扱いに思えて仕方がないのですが。

ジャニーさん、一体何を考えているのでしょうね?
まあ、その辺は何も…いえ、深く考えていないのでしょう(~_~;)

また、中山優馬くんに対しても、仕事が沢山もらえたり、ドラマの主役に抜擢されたりと、様々な優遇ぶり。

こんな事もありました
中山優馬がディズニー大作で初の声優吹き替え!ハリウッドデビューの可能性も?


このような事で、逆に周囲の反感を買っているとも言われています。

それなのに、ドラマの主演もパッとせず、所属ユニット・NYCも活動休止状態で、解散もささやかれる始末。
これには、優馬くん自身は穏やかで優しい性格というだけに、気の毒になってしまいますね。

剛力彩芽さんもそうですが、過剰に推されるタレントは、とかくバッシングを受けかちです。また、過剰な愛情が仇になり、メンタルを病むタレントもいる中、ダメージを受けているようには見えないのが、佐藤勝利くんですね。
これはネットでも、よく指摘されています。

『サイゾーウーマン』では、そんな勝利くんこそが、「社長の寵愛をまるごと受け止められる相思相愛の関係と思える」とありますが…。

勝利くん、どうなのでしょうね?

そしてSexy Zoneについてですが、色々な意味で、もう少し扱いを考えてあげて方がいいのでは。
まあこれは、個人的な考えですが…。

佐藤勝利の生き残り戦略は…
こうですか?→ ranking reading ranking reading


※これであなたもドバイ通?
Sexy Zone「バイバイDuバィ~See you again~」の歌詞に詰め込まれたドバイ


【関連記事】
SMAPがSexy Zoneに冷たかった?先輩後輩の共演に見る、ジャニーズの礼儀事情とは?
マリウスが風磨に怒られた花火大会、Sexy summerの裏側は?
佐藤勝利主演ドラマ「49」が好評!顔面偏差値の高さとジャニーズJr.のチャラさで好発進! (Johnny's Watcherさん)


今日の芸能ニュース
「鈴木紗理奈、離婚決断の理由は夫の度重なる浮気に「耐えきれなくなった」」
芸能ランキング3位 エンタメSCOOPさん
「ついに3.6%!前田敦子主演ドラマ『あさきゆめみし』にNHKも落胆」
芸能ランキング19位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「お持ち帰り撮られまくり!巨人・坂本勇人、高級クラブ嬢やモデル風美女も!フライデー」
芸能ランキング8位 ズバリ!裏芸能さん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ


関連記事
スポンサード リンク