10月から放映中の『仮面ライダー鎧武(がいむ)』(テレビ朝日系、日曜朝8時~)に、ジャニーズタレントが直前降板していた、という仰天情報が飛び込んできました。

この『鎧武』は平成仮面ライダーシリーズ15作記念・テレビ朝日開局55周年記念作品として、局も力を入れているそうですね。

そんな中でのジャニーズ参戦のうわさ、一体本当なのでしょうか。

ranking

『鎧武』が…
シュールすぎる?【画像】→ geinou ranking
シュールすぎる?【画像】→ geinou reading
シュールすぎる?【画像】→ geinou ranking
シュールすぎる?【画像】→ geinou reading
(まさかこんなコンセプトとは)
ここ数年活躍中のイケメン俳優たちも、仮面ライダーなどの特撮ヒーロー番組出身者が多いですね。

ざっと見ても、福士蒼汰さん(研音)、白石隼也さん(ホリプロ)、わたなべエンターテインメントの瀬戸康史、トップコートの松坂桃李さん(トップコート)、佐藤健さん(アミューズ)、の千葉雄大さん(ジャパン・ミュージックエンターテインメント)たちの名前があげられています。

どなたも、出演後はドラマや映画で大活躍中。

これについて、テレビ誌編集者は、次のように説明しています。
[引用]
「今や東映のヒーロー番組は“イケメンの登竜門”と呼ばれているだけに、新番組開始時に各芸能事務所からのプッシュがすごいんですよ。事務所が大型プロモーションをかけずとも、一年間の放映期間中、顔を売ってくれて、芝居の勉強もみっちり仕込んでくれると、良い事ずくめ。(テレビ誌関係者)[引用元:おたぽる]



そんな動きの中、これまでは静観を決めていたジャニーズ事務所も、今年辺りからは猛烈な売り込みを掛けてきたのだとか。

[引用]
「(前略)『鎧武』には主役級の仮面ライダーが4人登場するのですが、そのうちのライバル役のライダーにジャニーズ所属の某君が予定されていたそうです。」[引用元:おたぽる]


このジャニーズタレントは、数次のオーディションを通過して、内々定までしていたそうです。

ところが、制作サイドとジャニーズ事務所が揉めたため、採用はボツになってしまったというのですが、その原因とは、肖像権の問題だったとか。

ジャニーズが所属タレントの肖像権に厳しいのは、よく知られていますね。
ジャニタレが雑誌の表紙に登場した場合、出版社の公式サイトでも、塗りつぶされてシルエット状態になっているのは、いつものこと。
ドラマ出演の場合も同様です。

一方、仮面ライダーの場合は、放映期間が1年間という以外にも、子ども向けのや、各種グッズなどに写真が使用される割合といったら、それらのドラマとは比較にならないほどだったでしょう。

今回の出演が流れたのは、ジャニーズにとっても『鎧武』にとっても、もったいなかったかもしれません。

ジャニーズ事務所としては、「タレントの写真は商品そのもの」という考えですが、これでは現在のテレビ局や映画会社など、一般企業と大きくズレてきている…と、元記事のライターさんも指摘しています。

このT女史は、10年ほど前にイケメンヒーローブームを作るきっかけとなった『仮面ライダー龍騎』の担当者で、女性ならではの俳優への目利きがすごい方なのだとか。

なんだか、ジャニー喜多川氏やSMAPのマネージャー・I女史を連想してしまいますが、どこにもそんな方がいるんですね。

それだけに、初のジャニーズライダー誕生とならなかったのは、惜しいと見られているようです。

『鎧武』の視聴率が微妙らしいので、テレ朝にとってももったいなかったかもしれませんね。(情報元:おたぽる)


ジャニーズタレントの特撮ヒーローもの出演といえば、『ウルトラマンティガ』で主人公のマドカ・ダイゴ役だったV6の長野博さんが知られています。

※写真集も出ていたんですね…知りませんでした
(楽天商品)


あららやっぱり、顔の部分にボカシが(~_~;)

でも、商品の表紙にボカシをかけるかは、お店によるようです。
他のショップではそのままのようですね。
長野博withウルトラマンティガ [ 安達尊 ]

amazonではレビューが読めます。⇒長野博withウルトラマンティガ
(かなり高評価なのには、注目です)

さて、『鎧武』への進出はできなかったジャニーズですが、ヒーローものには興味があるようです。

その例として、先の編集者があげるのは、この夏放映された『仮面ティーチャー』です。
『GTO』と同じ原作者のコミックを元に、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷大輔さんが主演したこのドラマは、高校教師役の藤ヶ谷さんが正体を隠して仮面を被り、不良生徒たちと対決するというものでした。

[引用]
「(前略)特撮マニアの間ではほとんど話題になりませんでしたが、東映作品にも参加したスタントチームを起用して、かなり本格的アクションを見せていました。来年の2月には劇場版も公開されるようですし、いよいよジャニーズ事務所自社でヒーローモノの市場に切り込む算段があるのかもしれませんね」[引用元:おたぽる]


そうでしたか。
『仮面ティーチャー』…確かに、番組タイトルや設定からは、仮面ライダーを思わせますね。

『仮面ティーチャー』の藤ヶ谷大輔【画像】
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou reading

『仮面ティーチャー』が好評だったようですから、良い企画に恵まれれば、今度は東映とジャニーズ間で、イケメンバトルが繰り広げられたりして?


※主役以外も含めたら、こんなにいました!

特撮ヒーローものに出演したジャニーズ
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking
(長野さん以外の名前は、ちょっとスクロールしてくださいね^^)

【関連記事】
藤ヶ谷太輔「仮面ティーチャー」の初回視聴率は2.9%!意外にも塚田僚一が視聴者のハートをがっちりキャッチして好発進!! (Johnny's Watcherさん)

今日の芸能ニュース
「ジャニーズの噂4連発!「白人彼女に相変わらずメロメロのKのK」」
芸能ランキング5位 スバリ!裏芸能さん
「わずか4週間で打ち切り!映画「おしん」記録的不入りで大コケ!」
芸能ランキング2位 エンタメSCOOPさん
「遠藤憲一は木村拓哉の憧れの人だった!「安堂ロイド」番宣で出演した「王様のブランチ」で意外な事実が明らかに」
芸能ランキング4位 Johnny's Watcherさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ

芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集


関連記事
スポンサード リンク