12月16日発売の『週刊現代』が、タレント・みのもんたさん(69)の全レギュラーが消滅危機を伝えています。

次男・御法川雄斗容疑者の不祥事により、すでに『みのもんたの朝ズバッ!』など、レギュラー番組を降板したみのもんたさん。

テレビで唯一残ったレギュラー番組は日本テレビ系『秘密のケンミンSHOW』ですが、それもまた、来年3年で終了予定だそうで…?
ranking


日本テレビ局員の話では、『ケンミンSHOW』の後番組司会には、宮根誠司さん(50)たちの名が挙がっていますが、みのさんの起用はないとのこと。(情報元:週刊現代)

日曜夜に見出しが出た段階で、ネットでは、「なぜ息子のことで、そこまでやられなければならないのか」などという声も出ていましたが、それにはこんな理由があるそうです。

[引用]
「世間の批判はもちろんですが、それ以上に深刻なのはスポンサーへの影響。みのさん本人の不祥事ではないとはいえ、スポンサーが最も気にするのは出演者のイメージです。
セクハラ疑惑に息子の逮捕、開き直ったかのようなKY発言の連発…これでは、みのさんが画面に映っているだけで視聴者が嫌悪感を抱いてしまう。特にセクハラ疑惑に関しては、みのさんが最も影響力を持っていた主婦層の反感を買ってしまった。
今までスポンサーは、購買力のある主婦層の数字を持っているからお金を出していたわけですが、その構図が完全に崩壊した」(テレビ局関係者)[引用元:メンズサイゾー、一部改行]


確かに、次男だけではなく、みのさん自身も失言でヒンシュクを買ったのは事実ですね。

大炎上再び!「よくできた映像」セクハラ疑惑を完全否定したみのもんた、息子への反省も形だけ?【動画】
【音声】非常識!みのもんた、島倉千代子の葬儀を「私のカムバックにふさわしい舞台」と大失言

※みのもんたが失言を繰り返す理由とは?
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou reading


みのさんの嫌われぶりは、視聴者やスポンサーだけではなく、現場にも及ぶのだとか。

[引用]
「進行はカンペ丸読みにもかかわらず、時々思い出したかのように台本無視で勝手にアドリブでコメントするため、共演者やスタッフはみのに合わせるために必死。そんな仕事ぶりなのに二日酔いで現場に現れ、女性スタッフや女子アナに対するセクハラ行為だけは熱心にやっている。積もり積もった恨みがありますから、一部の昔からのスタッフは擁護しているものの、ほとんど現場では誰も戻ってきてほしいと思っていません」(前同)[引用元:メンズサイゾー]


かつては、お昼の情報番組『午後は○○おもいっきりテレビ』を人気番組へと育てた功労者であるみのさん。

それでも現状を見る限り、このまま抱え込むとマイナスの方が強いと判断されたのでしょうね。

それなら、ラジオ番組『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ!』(文化放送)はどうかと言うと、どうやらこちらも危ないようです。

ラジオ局関係者によると、スポンサーのCM自粛が続く中、番組アシスタント・南波糸江さんはプロ野球選手との熱愛デートを『週刊フライデー』にスクープされ、マイナスイメージに輪をかけてしまったそうです。

みのもんたの“パートナー”南波糸江アナ、ロッテ・伊志嶺翔大選手と“ドライブデート”!

さらに、もう一つ。

[引用]「(前略)みのさんが騒動直後からグチをこぼしまくっていたのも、印象が非常に悪くなった。」[引用元:メンズサイゾー]


これは、聴取率以上にイメージを重視するラジオにとって、致命的なのだそうです。そのため、古巣の番組ですが、“仕切り直し”を求める声が高まっているそうです。

これらの情報からは、みのもんたさんが、長年の地位にあぐらをかいてしまった姿が浮かんできますね。
事態がこうなってしまった以上、芸能界にしがみつかないほうが良いでしょう。

と、思うところですが、実際には社長を務める水道メーター会社『ニッコク』の経営事情もあり、テレビのギャラがなくなってしまうと、倒産する可能性もあるのだとか。


それに加えて、みのさんにはテレビ界への意地もあり、潔い引退を口にできないようです。
「死ぬまでテレビに出続ける」と言い、馴染みの日テレスタッフを頼りにしているそうですが、スタッフも「しかるべき時期がきたら」と、お茶を濁しているとのことです。(情報元:週刊現代、メンズサイゾー)

みのさん、自身をここまで追い落とした週刊誌にはよほど恨みがあるのでしょうか。
早朝に起きて「文春!」「新潮!」と口にしながら、素振りの刀を振り下ろしている、などと言う情報もありました。(情報元:東スポ芸能)

ただ、テレビ界でみのさんの影響力低下は、もはや取り戻しようがないみたいですね。

『東京ダイナマイト』の、みのさんをネタにしたギャグがフジテレビで放映されたのも、その表れの一つでしょう。

かつての「テレビの帝王」も、この状態をよく見つめる必要がありそうですね。
みのもんたさん、来年4月以降は、一体どうなるのでしょうか。


※東京ダイナマイトが、みのもんたをネタにした理由【ギャグ動画あり】
ranking reading ranking reading

※鎌倉の豪邸も、維持費用がかかるんですよね

みのもんた、鎌倉豪邸の画像集
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou reading


【関連記事】
反省ゼロの倍返し!TBS個人筆頭株主になっていたみのもんた、「朝ズバ」降りる気もなく膠着状態
『朝ズバ』降板会見のみのもんた、やっと世間の常識に気が付いた?レギュラー慰留されても、その先はやはり引退か


今日の芸能ニュース
「吉高由里子、朝ドラ撮影現場で早くも不穏な空気?仲間由紀恵とギスギスした雰囲気に…」
芸能ランキング17位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「視聴率惨敗!「安堂ロイド」「クロコーチ」を始めジャニーズ勢が全滅したことで、テレビ局のドラマ制作が大きく変わる!?」
芸能ランキング3位 Johnny's Watcherさん
「安堂ロイド最終回に激震!小田和正が「woh woh~」と歌い出して爆死!」
芸能ランキング30位 細心芸能ニュースだZさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ

芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集
関連記事
スポンサード リンク