前妻で元タレントの喜多嶋舞さん(41)との離婚後、長男・A君を育ててきた、元・光GENJIの大沢樹生さん(44)。

ところが、DNA鑑定の結果、A君との親子関係が否定されていたそうです。

12月24日発売の『週刊女性』が報じた、ショッキングな事実の全貌は→ ranking

この事実を世間に広めたのは、大沢さんではなく、知人から相談されたという男性なのだとか。
男性は、「あまりにひどい話なので」と思い、悩んだ末のことだそうです。(情報元:週刊女性)

(大沢さん自身は、『週女』記者の直撃に対して、「事実」と認めた上、「プライベートな事なので、弁護士に任せている以上、しばらくはそっとしてほしい」と依頼しています


この男性の話した内容を見てみましょう。

大沢さんは、現在の奥さんとの間に、来年1月に子供が誕生予定だとか。
でも、昨年春には、長女を死産で亡くしています。
この長女・りりぃちゃんには胎児異常があったんですね。

※大沢さんのブログで発表されました
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking

また、A君には心の病気があり、小学生時代から夫婦とも振り回されてきた事もあり、大沢さんは「自分のDNAに何か問題があるのでは」と考え始めたそうです。

大沢さんがこのように思ったのは、16歳になったA君との外見や気質が違うことにも、引っ掛かりを覚えていたこともあったらしいですね。

そして、今年2月には、A君と一緒にDNA検査を受けましたが…。
[引用]
「(前略)3月になって海外の専門検査機関から返ってきた検査結果には『父性確率0%』という記述、つまり父親ではないと、愕然としたそうです(後略)」[引用元:週刊女性]


この結果が、前妻の喜多嶋さんに伝えられたのは4月でしたが、「検査ミス」「金欲しさ」と、信じてくれず、説明もないとのことです。
大沢さんからの、「再検査はいつでも」の言葉も拒否しているとか。


7月になり、双方が弁護士を立て、家裁に持ち込んだところ、A君の親権は、ひとまず実母の喜多嶋さんに移りました。

ところが、喜多嶋さんは、A君をロサンゼルスで暮らす自分の母・内藤洋子さんの元へ送り、親権も内藤さんに移したそうです。

自身も再婚して、現在の夫との間に長女もいる喜多嶋さん。
この知人男性は、喜多嶋さんは、実の息子の面倒を見る事を放棄したと言っています。

家裁では、大沢さんとA君の親子関係不在については、話が進んでいないとのこと。
それは、親権が内藤さんに移ったことや、喜多嶋さんが検査結果自体を認めようとしない事が原因だそうです。

大沢さんと喜多嶋さんが結婚した時は、すでにA君を身ごもって妊娠3か月だったそうですね。

喜多嶋さんは、A君の父親が大沢さんでないことを、自覚していたのか、いないのか。

[引用]「ドラマ共演を機に大沢と交際した喜多嶋は、別の男と遊んでいるというウワサもなく、デキ婚ながら8年に渡る一途な愛を実らせたと周囲から祝福されていました。それがまさか、別の男の子どもを身ごもっていたとは…。当然、喜多嶋が全く気付かないわけはありません。この件に関しては、大沢も子どもも完全に被害者といえるでしょう。単に血縁関係がなかったという事実だけでなく、これは結果的に家庭環境にも大きな影響を与えていたようですから」(週刊誌記者)[引用元:メンズサイゾー]


※ええっ!この頃から情報が流れていたみたい
ranking reading ranking reading
(”喜多嶋さん”で見てください)

※ネットでは、早速、父親探しが始まっています【大沢夫妻と喜多嶋舞、A君最近の画像あり】
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou reading



それにしても、気の毒なのは大沢さんとA君ですね。

大沢さんによると、この結果について、A君には喜多嶋さんが話したようです。
自身の口からきちんと話したいそうですが、現在はA君と連絡が取れないのだとか。

何でも、A君が持っているのはPHSですが、これは海外からは使えないそうです。加えて、喜多嶋さんの弁護士からは、8月以来連絡がないとのこと。

[引用]
「(前略)喜多嶋さんの事務所の話では、Aは“事実がそうでもパパはずっとパパだから”と話してくれたそうです……。」[引用元:週刊女性]


と語った大沢さん。

A君については、昨年秋に「パパに殺される」と、家族からのDVを週刊誌に訴えていた事を覚えている方も多いと思います。
【詳細】大沢樹生と喜多嶋舞が、長男を虐待していたという、その全貌とは?画像あり

この時は、A君と大沢さん側の証言に食い違いがあり、喜多嶋さんも「(A君には)虚言癖がある」と言っていたこともり、どちらが本当なのか迷うところでしたが

大沢樹生の長男虐待で食い違う言い分、本当は一体どうなのか?


その後、父親の元へ戻り、和解しています。


大沢樹生、長男と再同居
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking


どうやら、複雑な家庭環境の中、時には誤解やDVまがいの事があったのは、事実かもしれません。

これについて、週刊誌記者は次のようにコメントしています。

[引用]「双方の事務所が否定しましたが、一部誇張した表現はあったものの、ある程度の虐待があったのは事実だと聞いています。喜多嶋の負い目が息子への虐待行為につながり、夫婦仲の悪化にも影響した可能性はある。何かしらの違和感を抱いていた大沢も、結果的に長男を虐待することになったのかもしれません。その元凶は、もとをただせば『父親が違う』という事実だったのかも…」[引用元:メンズサイゾー]


また、A君は、補聴器をつけていますが、これは音感性難聴のため。

A君の場合は後天性障害で、生まれた時の腸壁破裂を何度にも渡って手術し、その治療に使った薬の副作用らしいのです。(情報元:ヨミドクター

これもまた、コミュニケーションに支障をきたすことがあるそうですね。

そんな中で、必死にA君を育ててきた大沢さんの想いは、A君に伝わっていたようで、それがせめてもの救いです。

かなり周囲を巻き込んだ騒動でしたが、それもまた、A君なりの「僕を見て、僕を構って」というサインだったのかもしれません。


以下は、事務所を通じて、大沢さんが『週刊女性』に寄せたコメントです。

[引用]
「(A君とまた)一緒に暮らすとか、考えられる状況にないのが現状です。17年間、完璧な父親ではありませんでしたが、彼の父として愛情をもって育ててきました。このことで愛情が手のひら返すように変われません。私の気持ちも察していただければ幸いです」[引用元:週刊女性]


A君、今はアメリカで、祖母・内藤さんからの愛情を注がれているでしょうか。

いつの日か、大沢さんと無事、再会できますように。


今日の芸能ニュース
「え!?押切もえの顔がパッと見で本人とは分からないほど激変・劣化【画像】」
芸能ランキング10位 ワイド芸能ショーさん
「前田敦子ワガママ説再び!遅刻しセリフもカミカミなのに遅れを気にして周囲にあたる?」
芸能ランキング3位 芸能スクープ、今旬ナビ!!さん
「2013年の芸能界は痛い女がメディアを賑わした年だった! 2013年痛い女ランキングに輝いたのは美奈子!」
芸能ランキング9位 レッツ芸能ニュースさん


芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ



芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集
関連記事
スポンサード リンク