昨年秋から続編が噂にのぼっていた、2001年1月期の大ヒットしたフジ月9ドラマ『HERO』(主演:木村拓哉)。

いよいよ7月クールからの続編放映が決定したというのです。

これまで、木村さんは続編には出ないと言う“ルール”があると言われてきました。

それに対して、今回のような話が出る裏には、昨年秋放映『安堂ロイド』(TBS系、日曜夜9時~)の視聴率不振など、“キムタク神話”の崩壊と、視聴率低迷に悩むフジテレビの事情があるようですが…?

ranking

『HERO』の内容は、次のようなものでした。
[引用]
型破りで正義感の強い検事(演:木村拓哉)と、一見生真面目だがどこかとぼけたところのある検察事務官(演:松たか子)のコンビの捜査活動を、同僚検事たちの巻き起こすコメディを交えて描く。[引用元:Wikipedia]


全11話で平均視聴率34.3%、最終話視聴率36.8%という数字は、時でも驚異的でした。。
その後、SPや映画版は制作されています。

フジにとっては、今でもノドから手が出るコンテンツには違いないでしょうね。

木村拓哉主演ドラマの…
視聴率ランキング
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou reading

ただ、続編の放映時期については、こんな見方をされていたようです。
[引用]
今年のフジは、とにかくドラマに勝負を賭けているようで、月9枠については昨年末から、小栗旬の『リッチマン・プアウーマン』や『HERO』の続編説がささやかれていました。しかし木村は、3月にテレビ朝日のスペシャルドラマ『宮本武蔵』、また夏にはコンサートツアーが予定されていることから、連続ドラマ主演があるとしても、秋以降になると見られていました」(芸能プロ関係者)」[引用元:サイゾーウーマン]


それが7月放映ということは、キムタクというよりフジテレビが焦っているのでしょうか。


でも、フジテレビは、昨年、『ショムニ2013』、『SUMMER NUDE』など、かつてのヒットドラマのリメイクやパート2を放映したものの、不振に終わっていますね。

続編というのは、一定の知名度やクオリティが見込めはしても、初代を超える例は少ない、と見られていますし、昨年はその実例でしょう。


そろそろ、過去の遺産によりかからず、新たなドラマ、それもキャスティングでなく、中身重視の作品を放映した方が良いのでは。

そう思っている人は、沢山いると思うのですけどね。


まあ、今回の情報は、いまのところサイゾーウーマン発で、他にソースが見当たりません。
ですが、7月放映だとしたら、制作発表は春過ぎでしょうか。

果たして、“禁断の続編”が実現するのか、注目したいと思います。

※ブレイク前からの画像、こんなに可愛かったんですね

木村拓哉の時系列で見る
作品別画像集
geinou ranking
geinou reading
geinou reading
geinou ranking

【関連記事】
なぜ今から?松潤主演月9『ショコラティエ』が発表時から大コケを予想される裏事情とは
フジテレビの凋落、CM枠だけではなかった!芸能人は出演渋り、スタッフや女子アナも早期退職で三下り半か
爆死状態の『安堂ロイド』、木村拓哉を起用したTBSに飯島三智氏もご立腹!番宣にも出さなくて関係者は大弱りとか

今日の芸能ニュース
「視聴率王者はSMAPか嵐か、それとも関ジャニか…?ジャニーズ年末年始番組を順位付けしてみた結果」
芸能ランキング4位 Johnny's Watcherさん
「喜多嶋舞が反論!「長男の父親は大沢樹生です」 大沢の弁護士「父親は奥田瑛二さんです!」」
芸能ランキング11位 レッツ芸能ニュースさん
「顔小さすぎ!向井理が綾野剛を公開処刑【画像】」
芸能ランキング12位 ワイド芸能ショーさん

芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ

芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集
関連記事
スポンサード リンク