2月25日、フィギュアスケーターの浅田真央選手(23)が、ソチから無事、帰国しました。

フリーではトリプルアクセルを成功させたものの、個人競技SPでの失敗で、6位に終わった浅田選手。

今後については、これまでの引退をにおわせる発言をしていましたが、帰国会見では、「(メダルを取れなかった事には)悔しい思いがあるので」「今はハーフハーフ」と、コメントしています。

この時の浅田選手は、気のせいか、まだ涙をにじませているように見えました。

金メダルを期待されていた浅田選手が、このような結果に終わった原因についは、2月25日発売『週刊FLASH』記事をメインにご紹介しますね。

ranking

『FLASH』によると、浅田選手は、ソチでライバル選手以外の敵とも戦わなければならなかったとか。

そのひとつは、ソチ入りの際、韓国メディアからの、行き過ぎた取材攻勢です。
それは次第にエスカレートして、誹謗中傷とも思えるものにまでなったとか。

ソチ五輪 韓国メディアが写真を使って…
浅田真央を中傷!
geinou ranking
geinou reading
geinou reading
geinou ranking

また、国民やスポンサーから、過度の期待を受けていたこと。

さらには、日本のマスコミからも、こんな扱いを。
一体なぜ、フジに続いて日テレまで?浅田真央の“変顔”報道に批判殺到
フジテレビの転倒パネル


そして最大のネックとして、そんな時に不可欠のはずの、周囲のサポートが受けられなかったことを挙げています。

『FLASH』によれば、それは日本スケート連盟幹部たちのやり方にあるそうです。

ソチでの連盟幹部たちは、スポーツライターさんたちにも高圧的で、男子代表選手には心無い言葉を浴びせていせ、「女子選手に直接言わないにしても、コーチや関係者に失礼な事を言うのは日常的」なのだとか。


さらに個人戦を前にした、浅田選手の最終調整に関しては、信じられないやり取りを伝えています。

これは、2ちゃんねるでの記事要約を引用しますね。

[引用]
・浅田側は世界一設備の整った中京大のホームリンクでの調整を希望していた
・スケ連は時差とか移動とか「もう確保しちゃってるから」という理由でアルメニアをゴリ押し
・もめてるところにタラソワが「ロシアナショナルトレーニングセンター」使っていいよと
申し出るが、スケ連が拒否

・真央イヤイヤアルメニア入り
・アルメニアのリンクは砂混じりでガタガタ、空調が悪くて寒い、エッジ研ぎ直しが必要
・スケ連幹部は十数名ソチ入り。頻繁に酒盛り。ハッキリ言って遊びに来てるのと同じ
・男子選手から内々に「連名(原文ママ)の誰も信用できない」と相談を持ちかけられたライターもいた[引用元:2ちゃんねる]


ネットでは「アルメニアのリンクはスケ連関係者が何度も現地入りして入念に下調べして 探したって報道も何だったのよ 」「下調べしたんだろ より悪い環境を」などの声も上がっています。

浅田選手が、アルメニアでの調整を1日早く切り上げて、ソチへはいったのは、このためだったのでしょうか。

管理人は、個人SPでリンクに出て行く時、浅田選手と佐藤コーチの表情が気になっていました。

あの時、選手だけでなく、ベテランのコーチまでも、あのような普通でない顔をしているとは、よほど何か、普通でない事態が起こっていたのではないか、と思っていたのですが、もしかしたらそれは、アルメニアでの練習のせいでしょうか。


また今回、ソチで初実施の団体戦へ出場したことも、体力的・精神的な負担になったのでは、という指摘も多いですね。
2月25日発売『週刊女性』も報じていますが。

これについては、森元首相のコメントも、的外れではなかったかと思います。
「本番で必ず転ぶ」部分だけフィーチャーされましたが、全発言を聞くと、結局は「団体戦に出した結果、個人戦で失敗したならとてもかわいそうなことをした」という事ですからね。

まあ、確かに表現はアレだし、「必ず」というのも間違いですが。

全体を見ても、ソチでの個人戦でメダルを取った選手は、キム・ヨナ選手やソトニコワ選手たちなど、団体戦に出場していないメンバーが多く、
浅田選手やリプニツカヤ選手は、まさかの転倒でしたからね。

ロシアのプルシェンコ選手が個人戦を棄権したのも、団体戦で負担がかかったからと言われていますし。
※これまでの選手生活でも
【衝撃】 皇帝・プルシェンコの知られざる一面が…凄すぎる

そのためか、次回の平昌五輪からは、フィギュアでも団体戦は、個人戦の後に実施する動きがあるそうです。(情報元:東スポ)
そこまでの、ソチで選手たちが払った代償も、あまりに大きい気がしますが。


そんな中、フリーで本来の調子を取り戻した浅田選手は、本当に素晴らしいと思います。

※メディアやスケ連だけではありません!
純粋な競技面だけでも、こんなことを
浅田真央の受けてきた嫌がらせが酷すぎる

先週の『週刊新潮』によると、フィギュアのルールが、ある選手有利&浅田選手に不利になっていったのは、ある国(のスケート関係者)のロビー活動のためだそうです。
そしてその間、日本のスケ連は、なすすべもなかったとか。

その後のフィギュアスケートについては…
こんなパロディになっています
geinou ranking
geinou reading
geinou reading
geinou ranking
(ネタですが…ふ、深い)

なぜ、連盟はなすすべもなく、その国の思うままにしてしまったのでしょうか。

※実は数日前から、ネットでは
こんな情報が…
話題になっていました
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou reading

これがその原因なのでしょうか?
ただ、ソース、と言うより、取り上げられた方についての情報が、検索しても出てこないのですが。

まあ、それも今後は明らかにされるかもしれません。
あくまで、仮定の話ですが。


それはともかく(え?)、これまでも日本スケ連はビジネス重視で、選手を試合やショーに出し過ぎて、肝心な大会では疲労がたまっている、という指摘もされていました。

スケ連は、これらの問題を改善する必要があるのでは。

さて浅田選手の今後について。

個人的には、将来はプロに転向して、アイスショーで活躍してくれれば良いと思っています。
その時はのびのびとした滑りで、アクセルマスターの笑顔が見られますように。

最後に、浅田真央の…
これはいい変顔→ geinou ranking
これはいい変顔→ geinou ranking
これはいい変顔→ geinou reading
これはいい変顔→ geinou reading

【関連記事】

浅田真央と安藤美姫、引退後のギャラや立ち位置で荒川静香を上回るのは? (03/01)
メディアの真央sageキムヨナage報道の裏側と、日本で報道されなかった事件がある!?

浅田真央が戦ってきたもの

今日の芸能ニュース
「浅田真央を最悪のリンクで調整させたスケート連盟!男子代表選手は「連盟の誰も信用できない」現地で酒盛り

芸能ランキング1位 エンタメSCOOPさん
「浅田真央のソチ五輪SP失敗はスケート連盟のせい!?最終調整のリンクが酷すぎた…」
芸能ランキング7位 スクープ!エンタメ芸能のツボさん
「天野ひろゆき結婚秘話。井上公造はノーマークも岡村隆史からヒントを聞いていた!相手の荒井千里に単独取材も」
芸能ランキング17位 芸能人やじうまニュースさん
「明石家さんまも見捨てた!デヴィ夫人が干されつつある本当の原因」
芸能ランキング3位 芸能スクープ、今旬ナビ!!さん


芸能・ジャニーズの噂は→芸能界のうわさ

芸能人のツイッターとブログはこちらから⇒芸能人ブログ全集
関連記事
スポンサード リンク